別腹×2

オマール尽くしという内容に心惹かれ、第一ホテルの中にあるフレンチレストランに行きました。

201605di1.jpg
まずは、前菜。絵のように、オブジェのように、アーティスティックに並んでいてきれいです。

201605di2.jpg
ビスクとジュレの後は、オマールのフランでした。

201605di3.jpg
オマール海老をフランベするお酒もチェック。おお、おっさん垂涎のレミーマルタンではないですか。(ちょっと飲みたい。)

201605di4.jpg
フランベ後は、これ。端にはお肉ものっています。

201605di5.jpg
はちみつ入りのムースが出てきましたが、デザートはワゴンサービスとメニューに書いてあったと思ったのは気のせいだったかな?

201605di7.jpg
コーヒーを飲み始めたころ、お姉さんがデザートのワゴンを押してやってきたけど、もう、おなかいっぱい。さっき食べたデザートは何だったの? 「あれはコースのデザートです」っていわれましたが、じゃ、これは何なの? 意味、わかんない。

201605di6.jpg
二人ともなるべく軽そうなものを選び、それでも最後までいただきました。

今度からここへ来るときは、デザートのための別腹を2つ用意しないと。

2017/06/16(金) | 外食日記 | トラックバック(0) | コメント(3)

手袋は必需品

こんなものが出されるお店、中華街の東北人家。

2017thj3.jpg

両手に手袋はめたら、準備完了。羊肉を骨ごとつかんで、ガブッ!関節を広げて軟骨までも・・・。

2017thj1.jpg

どんなに汚れたって、使い捨てだから無問題! 100枚もあるので安心です。(全部一人で使わないように)

2017thj2.jpg

こちらは豚です。どちらも豪快にいきましょう。

2017/06/06(火) | 横浜中華街 | トラックバック(0) | コメント(4)

カンボジアのお土産といえば・・・

カンボジアにアンコールワットを見に行った時のお土産。

2017c4.jpg
定番のお土産といえば、マダムサチコというお店のアンコールクッキーだ。

2017c5.jpg
でも、お土産に向かないなあと思う点は、高確率で割れちゃうこと。どんなに気を付けても、この形は、遠方から無傷で持って来るのは難しい。それでも味はいいから、自分用に買ってきた。

201703c2.jpg
もう一つ、ガイドブックに載っている有名なお土産はカンボジア・ティータイムというお店の「ノム・トム・ムーン」。カンボジアの伝統的なお菓子で、ココナッツミルクでのばした生地をクレープのように薄焼きにして巻いてゆく。店先では、女性がお菓子作りを実演しており、その姿をシルエットにしたものはこのお店の箱のデザインにもなっている。お店の人に「やってみる?」といわれたがうまく巻く自身もないのでやめておく。中は空洞だが、多層になっていてサクサク。

2017c1.jpg
同じ店で、もう一つの伝統的なお菓子という「ノム・クイティウ」も買ってみた。「おこし」みたいなものだ。日本だと米や穀物で作るが、カンボジアでは米で一旦麺を作り、できた麺を細かくして作るらしい。

2017c3.jpg
お菓子同様、お土産用にきれいなパッケージに入った、世界一おいしいといわれているカンボジアのコショウを買ってきた。胡椒の味の違いは私にはわからないと思うが、なにしろ香りがとてもいいということだ。

2017c0.jpg
二つのお店はどちらも日本人経営だというので、日本人にとっては品質や衛生面では安心できる。お土産なら信用のある店で買いたいので一応利用したが、自分用に、スーパーで似たようなお菓子を買ってみた。価格はカンボジアティータイムの約3分の1。サクサクのもろさはなく、ちょっと荒い感じがしたが、外側がフレーバーのチョコレートなどでコーティングされているためかもしれない。うっかりドリアン風味を買ってしまい、やや臭った。

2017/05/28(日) | | トラックバック(0) | コメント(4)

愛らしい箱のお菓子

頂き物のバームクーヘンの紙袋や箱には、オランダのデルフト焼のような白地に濃い青で、オランダの民族衣装風の帽子をかぶった女性が描かれいている。、バームクーヘンといえばドイツのお菓子なのに、なぜオランダなんだろうと首をかしげる。
201704b0.jpg

ネット検索してみると、どうやら、ドイツ・ハノーバーにあるフリードリッヒ・バルテルスというオランダ風のチョコレートを飲ませるお店が、バームクーヘンも作って売っているようだ。
201704b.jpg

日本のデパートでも直輸入で販売しているようで、味にも定評があるらしいが、私はこの清楚で愛らしいデザインに惹かれまくり。
201704b2.jpg

2017/05/14(日) | お菓子 | トラックバック(0) | コメント(2)

ルピシアのお土産

ルピシアの紅茶のイベント、無料試飲会に今年も出かけてきました。例年通り、小さなお菓子とグッズのお土産です。
201705p.jpg

コルク製のボードをおしたら、ぽこっとコースター。
201705p1.jpg

ルピシアのトレードマークのラクダと茶葉の柄でした。
201705p3.jpg

で、穴が開いた方は役に立ちそうもないので捨てる・・・。遊んでからね。
201705p2.jpg

2017/05/13(土) | グッズ | トラックバック(0) | コメント(6)

むちむち

オーソドックスなミルフィーユが食べたくて、買ってきた。
201704m0.jpg

デパ地下の店頭で注文すると、パイ皮の間にカスタードクリームを絞りだして完成させてくれる。
201704m.jpg

フォークをたてにさすと、ミルフィーユの形が崩れてしまい食べにくいので、パイを段ごとにを剥がしてみた。パイ皮が意外に重たいと思ったら、裏にむちむちのクリームがいっぱいくっついてきた。

2017/04/29(土) | お菓子 | トラックバック(0) | コメント(2)

クメール風アフタヌーン・ティー

シェムリアップのラッフルズホテルでアフタヌーン・ティーをいただいた。
201703t0.jpg

正統派の英国風だけでなくクメール風という現地バージョンがある。
201703t1.jpg

事前に旅行会社には「クメール風」と伝えて予約しておいてもらったのだが、英国風が運ばれてきた。ホテルにちゃんと伝わっていなかったようだ。英国風のサンドイッチやクリームパフもとってもおいしそうだったけれど、ここを訪れた目当てはクメール風のスイーツを食べることなので、取り替えてもらう。
201703t2.jpg

スイーツの色みがきれいで、形もかわいい。お食事系の鶏のサテイや海老の揚げ物もおいしかった。
201703t3.jpg

2017/04/22(土) | | トラックバック(0) | コメント(4)

ふちねこ

ヴェローチェでドリンクを3杯飲むともらえるという「ふちねこ」欲しさに、2~3月の期間中6回通って2匹ゲットしました。
201704cn1.jpg

ふちねこは人気があるらしく、キャンペーン期間中でも在庫がなくなり次第終了となるとのこと。ネットで、店舗ごとの在庫数量が照会できるので、チェックしてから交換のレシートを持参。
201704cn2.jpg

ふちねこのタイプは5種類か6種類あるようですが、黒い袋に入っていて、中身が見えない! これを手探りで箱の中から選びます。手先・指先の感覚であたりを付け、ほしいなと思っていた香箱座りと伸びをしているものを獲得できました。
201704cn.jpg

ふちねこちゃん、コップの縁のカーブの具合と合わないと落ちやすいのよね。

2017/04/16(日) | グッズ | トラックバック(0) | コメント(2)

ホノルルクッキー

パパのお友達が、ハワイのお土産を送ってくれたんだって。
201704ck1.jpg

ハワイアンコナコーヒーはパパの好物ね。ふぅはホノルルクッキーが好き。
201704ck2.jpg

いろいろ種類があるのよ。形もかわいいし、おいしいし、どれを食べるか迷っちゃう。
201704ck3.jpg

おー姉に見つからないうちに、説明書を見ながら、並べかえて確認!
201704ck4.jpg

2017/04/08(土) | お菓子 | トラックバック(0) | コメント(8)

花見

デパートのうまいもの展で伊勢・虎屋の買ってきた。お題(ういろうの種類の名前)は「花見」。
201704cb1.jpg

下の緑の部分は、色から行くとお茶の味かと思ったら、塩漬けの桜葉を入れてあるとのこと。香りがよく、わずかに塩気があって味が引き締まっている。
201704cb2.jpg

自宅のテーブルの上で、日本茶と一緒にちょっとお花見。
201704cb3.jpg

2017/04/06(木) | お菓子 | トラックバック(0) | コメント(4)

 |  HOME  |  »