ダリエ

ルーマニアに旅行したいなあと思いながら何年も経つが未だ果たしていない。今日は銀座に出て、ルーマニア料理のレストランに行ってみた。古くからあるお店で、コマネチが来日時にはここに来ていたとか。かっぱも10年以上前に行ったことがあるが、店の移り変わりの激しい中にあっても健在だった。

まずは、前菜のナスのペーストと白キャビアのペーストの盛り合わせ。パンにのせて食べる。優しい味でおいしい。
              071017_1841~01.jpg


かっぱ♀は主菜の盛り合わせを食べる。右からムサカ。これはトルコ料理などと同じムサカだ。ロールキャベツのサルマーレ、棒のようにかためたお肉のミティテイ。半生のミンチが薄切り肉で巻かれて焼かれており、マスタードをつけていただく。すごくおいしかった。上の黄色いものはコーンの粉とミルクでできたママリーガ。主食にするのだそうだ。

              071017_1859~02.jpg


かっぱ♂は牛肉と野菜の煮込み、ギヴェチを食べる。ルーマニアの名物料理と書いてあった。うほうほ、あっちっち・・・。お肉も柔らかく野菜もたくさん入っている。

              071017_1859~01.jpg


さて、デザートは、やはり名物とあるババナッシュ。見た目はドーナッツ。(実際ドーナッツのお店でも同じ名前の物を売っているらしい。味などが同じかどうかは未確認。)その上にサワークリームとジャムがかかっている。大きいし、あまそうだし、しつこいかな?と思ったが、ナイフで切ろうとすると、ぺしゃんこになる。「中はカッテージチーズなんで軽いですよ」とお店の人が説明してくれたが、どこがチーズだかわからないほど、食感もすごく軽い。これは前回は食べた覚えがない。新しいお気に入りを発見した。

               071017_1922~01.jpg

2007/10/17(水) | 外食日記 | トラックバック(0) | コメント(14)

«  |  HOME  |  »

shiki

『』

ルーマニアというと日本で知られているのは、ドラキュラ、コマネチ、オゾン(マイアヒ~♪)、ハジ(サッカー選手)、シモン(マラソン)、チャウシェスク、ぐらいかなあ。
ましてルーマニア料理なんて、普通全然想像つかないですよね~。
でもおいしそう~♪

2007/10/18(木) 12:22:05 | URL | [ 編集]

がっぱあや

『』

ルーマニア料理というものを初め目にしたかも・・・
夫婦ともかっぱさんのおかげで世界中のお料理を知ることができ、
私も行ったつもり、食べたつもりになって楽しんでます。
煮込み料理美味しそう・・・。その土地の味がいっぱい入っているのでしょうね~。

2007/10/18(木) 15:57:16 | URL | [ 編集]

hashsh

『』

ルーマニアというとshikiさんもお書きになってる通り、ドラキュラ伝説、旧社会主義国家、コマネチの亡命・・・等で何となく悲劇の国という感想を持つのですが、料理はおいしそうですね~
ギヴェチって、ボルシチやビーフシチューみたいな感じなんでしょうか?
ルーマニア料理なんて今までどんなものか知りませんでしたが、どれもおいしそうです。

2007/10/18(木) 18:09:12 | URL | [ 編集]

ゆーき

『』

いつも夫婦ともかっぱさんの日記を拝見してると勉強になります~!
世界のお料理とかって全然知らないですから(笑;)
デザートがすんごく美味しそう!
写真だけ見ると、結構甘くて重そう…と思ったんですが
見かけによらず軽いんですね!びっくり。
ああ…ミスドが食べたくなってきた…(笑)

2007/10/18(木) 18:10:16 | URL | [ 編集]

モモ

『』

お邪魔します。
今日はご報告とお礼に参りました。
わたしのブログを閲覧してくださるみなさん。
さらにコメントを残してくださるみなさん。
みなさんのおかげで「夢(目標)」がひとつ
叶うことになりました。

わたしのブログが文芸社さんより
書籍化され出版されることになりました。
書店発売予定日は11月1日。
(書店によってはずれがあるかも・・)
10月下旬より書店での注文可能。
発売開始日よりアマゾン、ヤフーブック、
ブックサービスでのネット注文可能になります。

本の主タイトルは 「愛唄」
(サブタイトル バツイチ女のひとり言)
ペンネーム 「咲 泰子(さくらやすこ)」
ペンネームの由来は亡き母の名前の泰子。
逆から読んだら「泰子が咲く」・・・です。
名づけ親さんの優しい発想です。

ほんとにみなさんのおかげだと感謝しています。
ありがとうございます!!

ブログは更新ペースはゆっくりになりますが
今後も続けていきますので
どうかよろしくお願いします。


2007/10/18(木) 19:24:05 | URL | [ 編集]

guri

『』

ルーマニア料理って始めてみましたーv-271
ルーマニアっていうとドラキュラしかイメージになかったわーv-12
日本でルーマニア料理が味わえるお店って数少ないんじゃないかしらv-258
味わってみたいなーv-10

2007/10/18(木) 20:55:17 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『』

v-271がっぱあやさま
トルコに近いから料理も似ています。ここには写真はないけど、野菜のスープはミネストローネに肉団子が入っていて、食べなれた味でした。
でもナスのペーストには中近東のようにヨーグルトは入っていませんでした・・・。脂っこくなく、クリームも使っていないので、全部食べても胃にもたれませんでした。

2007/10/18(木) 21:14:16 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『』

v-22hashshさま
ギヴェチはスープ分はほとんどなく、オーブンに器ごと入れた感じでした。かっぱ夫婦も、ハンガリーやオーストリーのグーラッシュみたいなパプリカ入りのシチューかなあと予想していたのですが、全く違いました。
ルーマニアは東欧では唯一ラテン語系、「ローマ人の国」という国名にしては、本当に悲劇のイメージがあります。なんでこうなっちゃったんでしょうね。ドラキュラとチャウシェスクのせい?

2007/10/18(木) 21:28:49 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『』

v-22ゆーきさま
出てきたのはフレンチクルーラーみたいでした。かさが高かったのに、きろうとしたらパイ皮くらいの薄さになっちゃいました。かるくておいしくてびっくり。素朴なお菓子ですが、またたべたいな。

2007/10/18(木) 21:33:47 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『』

v-424モモさま
書籍化、おめでとうございます!
いつもアクセスが多く、にぎわっているのに、いっそうお忙しくなりそうですね。体を壊さないように気をつけてください。
本が出るのを楽しみにいたしております。

2007/10/18(木) 21:37:57 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『』

v-238shikiさま
やっぱり、コマネチッ!ですよ、私にとっては・・・。shikiさんは色々各方面に詳しいですね!
回りには旅行好きな人が食事に来ていて(ちょっとマニアックなところにいっていそうな)、「東欧って言うと、アウシェビッツかドラキュラくらいしかみんな思いつかないらしいんだよ」と嘆いていました。東欧と一口に言っても、国によって違うんですけど、確かに、暗いイメージもありますね。

2007/10/18(木) 21:41:27 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『』

v-275guriさま
東京ではこの店くらいしかなかろうと思って、ネットを見てみたら、他にも2件か3件ルーマニア料理店がありました。いやあ、なんでもあるもんですねー。今度たずねていってみたいと思います。お店によってどんなに違うのかも確かめてみたいです。

2007/10/18(木) 21:46:51 | URL | [ 編集]

MINO

『』

すごい!!おいしそうですね!!
海外に行かなくても他国の料理って食べれますよね。私も日本に帰ってきたら、行ってきた国の料理を食べに行きたいと思いつつ・・・
でも本場にはかなわないだろう!!って思ったら、日本で高いお金出して食べる気になれません。。。
だけど、行ってみたい国の料理を食べに行くのはいいですね!!私もまだまだ行きたい国があるけど、全部には行けそうにないので、日本でその国の味だけでも堪能していきたいと思います☆

2007/10/19(金) 08:13:31 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『』

v-108MINOさま
日本で食べると確かに高くつくかもしれません。ただし、いいこともあります。それは、多量すぎないこと・・・。(この辺は、欧米人には許せないでしょうが)
生きている間に、行きたいところのすべては、とても行かれないので、日本の各地方、世界の各国の料理を食べては、白地図に色を塗って遊ぼうかなあとおもっています。机上旅行ですね。

2007/10/19(金) 22:58:29 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://kapparismk.blog83.fc2.com/tb.php/121-ed9e2ec7
 |  HOME  |