銘菓の由来は?

黒おたべの話が出たところで、会社でもらった焼いた八ツ橋も食べてみることにしました。
このタイプは、すごく久しぶりにいただきました。

とても京都っぽい雅びな箱なのですね。個別包装の袋には、さすがに国際的観光地の名物だけあって、英語で「シナモンクッキー」と書かれていました。薄い層が重なっているかのような空気を含んだ、軽さ。それでいて焼けているのにもちっとした食感があります。こんなにおいしかったっけと、認識をあらたにしました。

         080407ya.jpg


パッケージにお琴が書いてあるし、お菓子もお琴の形になっていて、八ツ橋という名前がついているので「おや?」と思い、解説書を引っ張り出しました。すると、やっぱり!八ツ橋という菓子名は、お琴の八橋流の創始者・八橋検校にちなんでいるのだそうです。小学校の音楽の時間に出てきた筝曲「六段の調べ」を思い出しました。(すごーくむかしだ・・・)

生八ツ橋の形からは、連想できませんね。

2008/04/09(水) | お菓子 | トラックバック(0) | コメント(16)

«  |  HOME  |  »

まりもっち

『』

あっ!固い八橋だぁ~!これは凄くニッキの香りがしますよねi-179 
慣れるまでちょっと・・・って感じですが、食べ始めれば止まらなくなりそうです。
おーちゃん達はこれ好きかな? かっぱんは香りがちょっと苦手っぽいです。

2008/04/10(木) 17:07:58 | URL | [ 編集]

guri

『いろんな種類があるんですね』

焼いてある八つ橋があるんですねv-10
八つ橋と言うと三角で柔からかくニッキの香りがするのしか知りませんでしたーv-16
何度も京都には足を運んでるのに全然気付かないなんて。。。反省。
今度京都に行ったら探してみなくっちゃv-10

2008/04/10(木) 17:26:08 | URL | [ 編集]

「シルベストレカフェ」事務局 安達

『』

はじめまして。

突然のコメントで驚かれたと思いますが、「シルベストレカフェ」事務局の安達と申します。

3月19日に、日本初上陸のスペインコーヒー「シルベストレ」を販売するサイト『シルベストレカフェサイト』がオープンしました!

サイトURL:http://www.silvestrecafe.jp/

そこで、様々な食べ物や飲み物を召し上がっている食通の”夫婦ともかっぱ ”様に、ぜひヨーロッパを含め世界各国で広く愛されているシルベストレコーヒーをテイスティングしていただきたく、ご案内させていただきました!
その豊富な知識と鋭い五感を使って、シルベストレコーヒーを”夫婦ともかっぱ ”様風に表現してみませんか?

今回『日本初上陸』を記念して、シルベストレコーヒー豆のサンプルプレゼントに応募していただき、クイズの答えとシルベストレコーヒーの感想をブログに書いていただきますと、抽選で3名の方にバキュバン社の「バキュテナー」をプレゼントさせていただくトラックバックキャンペーンを実施することになりました!

ぜひこちらで”夫婦ともかっぱ ”様のテイスティングの結果を披露してください!

下記URLから詳しい情報をご確認頂き是非ご参加ください!
(但し、サンプルの数に限りがございますので、お早めにご応募ください。)

キャンペーンURL:http://www.tbcam.jp/silvestre/

”夫婦ともかっぱ ”様のご参加を心よりお待ちしております。

2008/04/10(木) 17:44:51 | URL | [ 編集]

『』

八ツ橋も就学旅行で買いました。匂いに慣れるまでが大変でしたe-263
慣れたら美味しいですね^^
お琴の形もあるとは…

2008/04/10(木) 20:45:59 | URL | [ 編集]

hashsh

『』

英語だと「シナモンクッキー」になるんですね。
妙に納得いたしました。
八ツ橋の名の由来は、琴の形に似ているためなのでしょうか?
とすると、焼いた八ツ橋が本来の形なんでしょうかね。

2008/04/10(木) 23:21:52 | URL | [ 編集]

shiki

『』

シナモンとココナッツが天敵の私には、「八つ橋」や「おたべ」はかなり辛(つら)いお土産です(汗)

2008/04/10(木) 23:56:53 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『』

v-91まりもっちさま
かっぱ♀の祖母の実家は京都だったので、昔の京都のお土産はやはりコレでした。私はそんなに好きではなく、我が家への土産は、そのうち宇治抹茶団子に変わりました。後者は大好物でした。
おーは、本当は焼いたものよりクリームたっぷりが好きなの。だから会社で一人で食べました。

2008/04/11(金) 00:46:28 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『』

v-63guriさま
とどのつまりはニッキ入りの甘いおせんべいですね。米粉を使っているのか、かたやきなのに、なんとなくもちっとするんです。何十年も食べていなかったので、大人になってから初めて食べた感じです。
確かに好みがあると思うので、沢山かってしまうと食べきれないでしょう。でも1個ずつ袋に入っているので、お友達に配れますよ。

2008/04/11(金) 00:55:55 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『』

v-66 「シルベストレカフェ」事務局 安達さま
グルメではなくグルマンというのがこの夫婦の欠点でして、どのぐらい味がわかるかは謎です。スペイン好きでもありますので、さっそくアクセスしてみます。

2008/04/11(金) 01:02:56 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『』

v-22咲さま
やっぱりニッキはダメかな?餡なしだとニッキが強すぎる気がしますが、餡が入っているとなんとなくごまかされてたべちゃいませんか?もちろんニッキの好きな人も多いから今日まで存続しているのでしょうが・・・。

2008/04/11(金) 01:07:18 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『』

v-63hashshさま
シナモンといわれると、急にしっくりきますね。特にファンというわけではないけど、さだまさしの歌にも出てくるし・・・。私も、「へえ、シナモンクッキーか・・・」と思いました。そういえば、ジンジャークッキーとか、(あまり好きではないけど)英・米などにはありますよね・・・。
説明書には、八ツ橋は吉宗の時代に、京都で検校をしのんで琴の形のかたやきせんべいを作って売り出したと書いてありました。ちゃんと歴史があるんですね。

2008/04/11(金) 01:15:53 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『』

v-12shikiさま
よくもらいませんか、八つ橋・・・?京都に出張した人は大体持って帰ってきます。ココナッツはダメとうかがっておりましたが、シナモンも×なんですか。それじゃあ、八つ橋はたしかに拷問ですね。

2008/04/11(金) 01:20:40 | URL | [ 編集]

MINO

『』

たまにこの八つ橋食べるとおいしいですよね!清水寺に行く道で、硬い八つ橋の実演販売をしています。それを見るまで、あの生の生地を焼いただけということを知りませんでした。全く違う何かからできているのだとばっかり思っていました!!!!!
生を焼くと硬くなります!自分の家でも出来ますね(笑)

2008/04/12(土) 17:13:36 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『』

v-218MINOさま
そうそう!たまに食べるとおいしい・・・i-179同じ原料だから、かすかにもちもちの食感が残るわけですね。

2008/04/12(土) 20:44:57 | URL | [ 編集]

hiro

『』

黒おたべの次は堅い八ツ橋ですね!
私も黒おたべ大好きです。
京都駅とかでも試食があったように思います。
そして、堅い八ツ橋、子供の頃は苦手でしたが、今はその美味しさがわかる歳になり、パリパリとした食感とニッキの香りとほどよい甘さが大好きですv-238

2008/04/13(日) 21:30:04 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『』

v-21hiroさま
私も生八つ橋の方が好きなのですが、今回焼いてある方を食べてみて、予想していたよりおいしいもんだと思いました。子どもの時の感想とはちょっと違いますね。なはは、やっぱりおとなになったんかなあーi-179

2008/04/14(月) 21:35:01 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://kapparismk.blog83.fc2.com/tb.php/203-a318df58
 |  HOME  |