食いしん坊のジビエ

「えー?今日の今日ですかー?!」
そうは言ったものの、特に予定があるわけではない。新しい同僚の歓迎会とあっては行かないわけにもゆかず・・・。こうして、昨夜はフレンチを食べに行くことになった。

「どっちが電話で予約する?」と上司・・・・。そりゃ、私だろ。どう考えても、部下なんだから。

予約の指令を受けたのは「オー・グルマン」という、ガッツリ行きたい食いしん坊の喜びそうなお店だ。小さなお店だが、シェフはちょっと大柄・・・。元プロボクサーという変わった経歴だそうだ。

        090204ag (1)

上司がずっと行きたがっていたお店で、ジビエ料理がおいしいらしい。鹿、猪、鴨のグリルがあり、ものによっては結構な追加料金がかかるのだが、せっかく食べにきたのだからジビエをお願いした。

前菜は、春の新たまねぎのムース、フレッシュトマトソース。玉ねぎがムースになるとは・・・。ふんわり甘い玉ねぎのムースは意外なおいしさ。トマトのソースとの色あわせも綺麗だった。

              090204ag (2)

そして、私が選んだのは蝦夷鹿。脂肪の少ない肉だが、焼き方がレアで、とてもやわらかい。携帯電話の写真ではわからないが、肉の中心は濃い赤だ。癖もないので食べやすい反面、個人的にはもっとワイルドな方がいいかなあとも思った。

          090204ag (4)

タルトタタンは、りんごのかさが半分になるまで長時間焼いて、焼いて、焼いて作ったという手間隙かけたデザートだった。りんごの強いお酒・カルヴァドスの香りが良く、久しぶりのおいしいタルトタタンに出会った。

それにしても、せめて前の日に予告してほしかった。そうすれば、普通のカメラを持っていけたのに!

2009/02/05(木) | 外食日記 | トラックバック(0) | コメント(12)

«  |  HOME  |  »

がっぱあや

『』

ジビエ・・・まさに今の私の憧れの世界e-420
蝦夷鹿は全般的にクセがないのでしょうか・・・
それとも、調理の腕がなせるわざ!?
でも、よく癖が無くって美味しい~など言いますが
クセがあるものはちゃ~んとクセがあったほうが嬉しいのになぁ、
なんて思ってしまう私ですe-274

2009/02/06(金) 05:58:04 | URL | [ 編集]

バンちゃん

『』

ジビエ料理と言うより、エゾシカの味が気になります
以前、鹿の刺身を興味半分で食べた時は、クセがあるようで、生姜とにんにくをおろした物が付いてきましたが、個人的には何も付けないでもOKでしたが、かなり固い感じでした
グリルされていたのなら、そんな事ないのでしょうか?

2009/02/06(金) 10:04:37 | URL | [ 編集]

hashsh

『』

玉ねぎのムース、一体どんな感じなのか想像がつきませんが、なんだかおいしそうですね~
鹿肉はいまだ食べたことがないのですが、柔らかいのですね。勝手に固そうなイメージを持っておりました。
タルトタタン、これは非常に手間がかかってますね~。半分になるまでなんて、一体どのくらい時間がかかったのでしょう。

2009/02/06(金) 19:50:32 | URL | [ 編集]

のりうさ

『』

かっぱさんの上司さま・・・なんだか強引なかんじですねー
鹿、のりうさも食べたことがありますが食べやすいですねー
ワイルド・・・ほかにはどんなのがあるんでしょー
いのししとかくまとか?
タルトタタン、とってもおいしそうですー
豪華な歓迎会でよかったですねー

2009/02/06(金) 22:08:32 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『』

v-20がっぱあやさま
かっぱがぴくっと来たのは、鹿より鴨だったんです。ところが追加料金が高かったので、もしおごってもらうんだったら悪いからと遠慮しました。猪も好きなのですが今回は鹿に。結局、猪鹿蝶ならぬ鴨と3品とり、一切れ切ってお互いに交換しました。
クセがあっておいしかったのは鴨ですね。鴨の半身とその内臓もグリルしてあり、さらに鴨の血をまぜた濃厚なソースで、思わずうなっちゃいました。ただ、ちょょっと量は多かったかな?

2009/02/06(金) 23:33:03 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『』

v-61バンちゃんさま
焼きすぎるとかたーくなりそうです。かっぱ♀が食べたのは、ほとんど脂がないところでヘルシーそのものみたいなお肉でした。日本では刺身で食べるといいますが、生ではやはり生姜や薬味がないとクセや匂いがあるのかもしれませんね。 生だと薄めに切るのでしょうか。それでも固めということは食べにくかったですか?

2009/02/06(金) 23:39:27 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『』

v-22hashshさま
たまねぎなんてどうやってムースにするんだ?と想像できなかったのですが、おいしかったです。玉ねぎの固形の部分はなく、ふんわりとしたムースですが、玉ねぎの甘さがよく出ていました。玉ねぎの甘さが嫌いな人もいるので、評価が分かれるかもしれませんが、私は○でした。
タルトタタンの作成には2日かけると紹介に書いてあったような気がします。我が家ならその間、しょっちゅう味見してリンゴは消失していると思います。

2009/02/06(金) 23:49:45 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『』

v-237のりうささま
鹿の肉って、たべやすいですよねー。ちょっと以外でした。
かっぱ♀は一刻も早く家に帰りたいので、当日の残業会食の宣告は気持ちの上でちょっときついのです。せっかく喜ぶと思って誘ってくれているのだから、もっと嬉しそうな様子をしないといけませんよね。i-232 たくさん払ってもらっておきながら、私は罰当たりな部下だなあと思っています。

2009/02/07(土) 00:14:30 | URL | [ 編集]

にたまごん

『』

ジビエ、いいですね~。
携帯画像でも美味しそうな様子、伝わってきますよ~
お目々で楽しませていただきました!
時間をかけて焼いたタルトタタンも飴色でそそられます!
次回は是非、カメラ持参でっ(^_-)

2009/02/07(土) 09:27:45 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『』

v-271にたまごんさま
秋冬はジビエ・・・と思いましたが、牛のほほ肉煮込み等もおいしそうで、ちょっと迷いました。
最近は携帯で写真を撮るのを周りの人も知っているので、写せ写せと言われるようになりました!

2009/02/07(土) 16:32:34 | URL | [ 編集]

hiro

『』

オシャレなお料理ですね☆
私が一番興味深いのはタルトタタンかな?
まだ食べた事がなくて、京都に美味しいタルトタタンのお店があると聞いてるので行ってみたいです。
鹿肉は子供の頃に近くの山で猟師さんからおすそ分けでいただいたのを食べたような記憶はありますが、味や食感の記憶がなくなってます。
カメラは持ち歩かないと、残念なことがよくありますね。
でもかっぱさんの携帯の写真は大きくてよく撮れてると思います。

2009/02/08(日) 21:00:02 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『』

v-19hiroさま
タルトタタンは久しぶりにおいしかったです。ちゃんと紅玉で作ってありました。
かっぱ♀は携帯嫌いで、電話もかけるときは公衆電話を使っています。メール機能だけあればいいと思っていたので、安いヤツなのです。でも、カメラつき携帯でないとこういうときはダメですねー。

2009/02/08(日) 21:19:48 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://kapparismk.blog83.fc2.com/tb.php/307-ff1dd871
 |  HOME  |