徳記の平麺

中華街の路地に入り込む。小路の入口に看板がなければ、絶対行かないような細い道だ。
この先に、はるか昔、週刊誌で見たお店「徳記」がある。どうしてこの店が人気なのか、記事の内容は覚えていないが、自ら確認すべく訪問。かっぱ♀の好きな小説家・池波正太郎が愛した店ということでも興味がある。

一度昼に行ったのだが、休みだったのか店の入口が一般の民家のようでわからない。その点、夜なら確実に明かりがついているので、営業中かどうかも判りやすい。入りにくい雰囲気だが、ちゃんと暖簾もかかっていたので、ガラガラっと・・(横引の戸)。7時過ぎだったが、中には誰もいない。

どちらかといえば殺風景な店だ。有名人のサイン色紙がたくさん並んでいるが、店の雰囲気はそんなものに媚びるところはまるでなさそう。だいぶ長く使っているだろうと思われる一枚紙のメニューが壁に貼ってある。かっぱ夫婦は、その中から、名物らしき牛バラ麺、それから豚バラご飯を選んで注文した。ともに800円なり。

      090823t5a
豚バラご飯は、ほかの店で食べるよりも肉が少ない。その分は若干価格も安くなっているようだ。煮汁がかかっているので、肉なきあとの白米も最後まで食べられる。

      090823t4a
独特の平麺が入った牛バラ麺は、スープがさっぱりしている。澄んだ醤油系スープのなかに、黄色い平麺、その上に牛バラ煮と煮汁がトロリと入っている。牛バラ麺は、スープが油っこいと、相当ヘビーになってしまうが、これはOK。一切無駄な味がしないスープだった。

続いて一人のおじさん、カップル一組が入ってきて、麺やご飯物を頼んでいた。私達と違い、常連サンなのではないかと思うのだが、お店のおばさんも余計なお愛想はない。注文を聞いたらさっといなくなる。客も、食べ終わったら、とっとと会計して帰る。

池波正太郎氏の食のこだわりを書いた本には、ここの女主人がなかなか行儀に厳しい人だとあった。これを読んだ後は、なるほど、そういえば、ちょっとぶっきらぼうな印象だったなあと思った。また平麺を食べに行きたいので、今後は私もお叱りをうけないように気をつけよう。


2009/08/26(水) | 横浜中華街 | トラックバック(0) | コメント(14)

«  |  HOME  |  »

guri

『とろ~りあんかけ大好きー』

中華街の探索が続いていますねーv-10
牛バラ麺は見た目のスープの色の濃さに反してサッパリといただけるようで美味しそうですーv-10
味で勝負できるから愛想をふる必要がないのねー(笑)

2009/08/27(木) 17:42:15 | URL | [ 編集]

hashsh

『』

知る人ぞ知る、というお店なのでしょうか~
シンプルな豚バラご飯、タレのかかったご飯がとってもおいしそうです。
牛バラ麺も、これまたおいしそう。
お店の雰囲気といい料理といい、無駄なものが一切ないという感じですね。

2009/08/27(木) 17:45:31 | URL | [ 編集]

がっぱあや

『』

この牛バラ麺・・・容姿はお肉好きが飛びつきそうなコッテリなのに
お味はサッパリ・・・う~ん、これが技、なのでしょうね
中華街のお品にしては、料金がお手軽なのも嬉しいところ
足繁く通って、通の常連客になる日も近いかも!?

2009/08/27(木) 22:23:00 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『』

v-63guriさま
普段は、牛バラをのせるなら、麺だと油っこくなってしまうのでご飯にしています。このお店は麺で有名なので、あえて麺にトライしてみました。いけました!スープもあらかたなくなりました。
後で接客の評判がよろしくないと知りましたが、この程度のお店はほかにも沢山あります。最低限のことだけやってくれれば愛想はべつにいらないし・・・。そういえば、2度もお茶をつぎにきてくれましたよ。

2009/08/28(金) 00:03:10 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『』

v-19hashshさま
本当に無駄はないですね。店内も簡素な町の食堂風だし、外には、中華料理店らしくのれんも出ていますが、これも、中華街にあってはかえって珍しいですね。
まあ、ここまでさっぱりしていると、食べても誰も粘らないから客回転もよさそう。こちらも目的を果たしたらサクっと食べて帰れます。気楽です。

2009/08/28(金) 00:10:18 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『』

v-21がっぱあやさま
このお店、豚足そばも有名らしいです。がっぱあやさんは、召し上がったことはありませんか?
このお店には二度と行くものか・・・と言う人もいるけど、とりあえず、豚足そばを食べにもう一度は行きたいです。

2009/08/28(金) 00:15:51 | URL | [ 編集]

のりうさ

『』

近くに住んでいると、ガイドブックにないようなお店や見つけにくいお店にトライできるのがいいですねー
池波正太郎先生の食の本、読んでみたいですー
本のお店を訪ねるのも楽しそうですねー
大阪にも無愛想なお店ありますー
おじさんが言うまでさわってはいけないお好み焼きやさんや、絶対おはしで食べてはいけないお好み焼きやさん、追加注文ができないぎょうざやさんー
恐いですー(笑)

2009/08/28(金) 08:26:14 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『』

v-63のりうささま
のりうささんのおっしゃるとおり、恐い店ってありますね。大阪も頑固なこだわり店主のいるお店ってありそうですね。のりうささんは行ったことありますかー?
このお店も、追加注文しようとしたら、忙しいからまとめて注文してくれ・・・といわれたという話が載っていました。(「池波正太郎の食まんだら」佐藤隆介著)私たちは、ラーメン・ご飯の一品ものだったからよかったのですが・・・。こんな話を読んでしまったので、今後は気をつけます。

2009/08/28(金) 22:55:53 | URL | [ 編集]

みみのスケ

『』

牛バラ麺。。。本当、いっけん脂っこい?と思わせながら、さっぱり、ばくばくイケルトコロ、が技ですね。。。食べてみたいものです☆
愛想のないお店。。。みみは大丈夫ですが、もぐもぐ先生は何だか、怒っちゃいそうで、一緒には行けないかもです(TロT)

2009/08/29(土) 10:29:53 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『』

v-91みみのスケさま
もぐもぐ先生と行くとスリルありますね。お店の人とけんかしちゃったりして・・・。
中華街のお店では、流暢に日本語で応対できる人はいないことも多いので、そのせいで愛想がなさそうにみえることもあるようです。

2009/08/30(日) 12:06:09 | URL | [ 編集]

バンちゃん

『』

えっ!やっているの?って感じのお店って、たまにありますね。
入ってみようかと思うけど、知らないとある意味が敷居が高いですね。
敷居を跨ぐ勇気があってこそ、美味しいものに出会えるんですよね
でも、なかなか跨げない私なのです

2009/08/31(月) 19:53:26 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『』

v-287バンちゃんさま
かっぱ夫婦は小心者なので、お店の前を、「入る?」「どうする?」といったりきたりしてしまいました。
ほかにも行きたいところはあるのですが、あせらず徐々にがんばろうと思っています。最近、栄養過多で・・・。

2009/09/02(水) 20:46:00 | URL | [ 編集]

keropons

『』

牛バラ麺・・・・おいしそうですね~。
きしめんのような麺って大好きです。
何度か横浜の中華街に行ったことがありますが、みたことがないですね・・・
今度行ったときに是非食べてみたいです。

2009/09/09(水) 11:03:35 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『』

v-22keroponsさま
このお店、せまい路地にありますからね。で、中もよく見えなくて入りにくい・・・・。
麺のスープもこってりのところがあるので、私はだいたい牛バラご飯の方を選ぶのですが、このお店のものは大丈夫でした!徳記にきたからにはひとつは麺を頼まないと・・・・・。

2009/09/10(木) 22:09:51 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://kapparismk.blog83.fc2.com/tb.php/365-563bcde7
 |  HOME  |