シベリア

シベリアと言うお菓子をご存知でしょうか?カステラに水羊羹をサンドした、昭和の初めごろまでは良く見かけたお菓子らしいのですが、食したことがありません。

かっぱ♀は羊羹もカステラもあまり好きではないのですが、かっぱ♂はカステラは好物。ガイドブックに載っていた、コテイ・ベーカリーという野毛にあるパン屋さんまで買いに行きました。

夕方行ったので、ほかのパンはほとんど売り切れていましたが、名物のシベリアだけは一個ずつビニールに包まってまだいくつか並んでいました。

三角形のかなり厚いお菓子です。持ってみると、カステラがふかふかしています。

     0909ko1.jpg

それにしても、何で「シベリア」と言う名前なんでしょう???

疑問に思う方も多いらしく、インターネットで調べると、シベリアの大地に見立てたと言う説、ロシアの亡命貴族のお嬢さんが作ったお菓子という説、シベリア出兵を記念して作ったからと言う説などの諸説が載っていました。実際どうなのかはわかりませんが、シベリア出兵前の明治時代から、このお菓子は存在していたようです。

     0909ko2.jpg

断面のひとつだけ、水羊羹が背中にはみ出しているのが気になります。なぜだろうと思っていたら、お店の前のイラスト交じりの説明書に答えを見つけました。

     0909ko3.jpg

「シベリア」は、四角い容器にカステラを敷き、カステラの上に水羊羹を流して、更に上にカステラをのせて固めて作るということでした。だから下になったカステラのところには水羊羹が少しだけ流れてはみ出してしまうのですね。できたら、縦横に切って小さな四角形をつくり、さらにその対角線を切る・・・と、ハイ、三角のシベリアの完成です。

     0909ko0.jpg

甘いのを覚悟してパクッ。水羊羹の部分は思っていたほど甘くはなかったのですが、カステラは予想より甘さを感じました。かっぱ♀は、三分の一くらい食べたところで、ギブアップしましたが、一度食べてみたかったという好奇心は充分に満たされました。

2009/09/21(月) | お菓子 | トラックバック(0) | コメント(12)

«  |  HOME  |  »

かっぱんくん

『』

僕、パンに羊羹が塗ったくられたのテレビで見たことがあるよ。
みんなおいちいって食べてたけど・・・どうなんだろね?
ゆぅちゃんかな?これおいちかった???

2009/09/22(火) 10:20:32 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『』

v-63かっぱんくん
こんにちは。ゆぅです。
僕も、近所のおじいさんが食パンに普通の羊羹をはさんで食べているというのを聞いて、仰天しました。たぶんその人が子どものころは、「シベリア」は人気のお菓子だったんだね。僕は羊羹が苦手だから、ダメだろうな。

2009/09/22(火) 17:52:28 | URL | [ 編集]

のりうさ

『』

のりうさ、初めてみましたー
のりうさパパもカステラ、水羊羹は大好きでしたがシベリアの話題はなかったですー
のりうさもカステラ、水羊羹は大好きなので一度食べてみたいですー
のりうさパパは食パンにあんこがはさまった揚げパンが大好きでしたー
なんとなく・・似てますねー

2009/09/22(火) 18:31:03 | URL | [ 編集]

みみのスケ

『』

シベリアとっても甘そうです。。。たぶんみみも途中でダウンするかと思われます。。。
シベリアにそんな名前の由来があったのですね!はたして本当のところは。。。と考えるだけで楽しいです☆
よくおじいちゃんが好きで食べていたような☆きがします!懐かしい、おやつに出会えた気がします☆

2009/09/22(火) 20:52:17 | URL | [ 編集]

カッパーマン

『』

「シベリア」、NHK夕方の番組内にあるコーナー、「芝田山親方のごっつぁんスイーツ」で見ました。
親方はシベリア作りにも挑戦していましたが、
お店の構えと同じく、かなり、レトロな感じの調理場でした。
カステラと羊羹という甘・甘な組み合わせで、けっこう分厚いんですね。
私は見たことも食べたこともなくてテレビで初めて知りました。
いつの日か、ひとかじりしてみたいですね~。

2009/09/23(水) 20:31:22 | URL | [ 編集]

guri

『美味しそう』

私も初めて見ましたーe-454
カステラも羊羹も大好きですが同時に食べると言う発想がなかったですーe-451
両方の味が一度に楽しめて贅沢な感じで私も味わってみたいですーv-10

2009/09/24(木) 18:07:03 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『』

v-238のりうささま
関西にはあまりないようですが、ほかのものをはさんだ三角に切ったカステラはあるみたいですよ。以前、似たようなパンだかカステラだかを、コンビニで見ました。「うへぇ~甘そう!」とおもったので記憶しています。シベリアという名前だったかどうかは確認しませんでしたが・・・。

2009/09/24(木) 22:23:15 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『』

v-337みみのスケさま
おじい様の時代なら、召し上がっていたかもしれませんね。カステラも水羊羹もそれぞれで食べればなんとかなるのですが、はさんで食べようとは!甘×甘。昔の人は発想がすごいです。砂糖が貴重だった頃は、とびきり贅沢なお菓子だったんでしょう。

2009/09/24(木) 22:29:08 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『』

e-158カッパーマンさま
作っているところもやっていましたか、見てみたかったです。
水羊羹とはいえ、やはり甘かったです。それにカステラも濃い甘味ですよね。一口食べて、お茶飲んで・・・という感じでした。ころっと厚いので、たまに一口かじるくらいが、私には丁度です。

2009/09/24(木) 22:33:37 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『』

v-21guriさま
水羊羹とカステラがくっついているところが、手が込んでいますよね。(ただ、カステラではさんだだけじゃ芸がないんでしょうね。)
昭和の初めには子供が大好きなお菓子として位置づけられていたようですよ。

2009/09/24(木) 22:43:09 | URL | [ 編集]

hashsh

『』

本当のシベリアではないかもしれませんが、似たようなお菓子は小さい頃、祖父母の家で食べた記憶があります。
ふわふわのパンかカステラのような生地の間に、甘い羊羹のようなものが挟まっているもの。
シベリアをヒントに作られていたものなのかもしれません。

2009/09/25(金) 22:24:19 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『』

v-25hashshさま
それはまさしくシベリアなのでは?
母に聞いたら知っていたので(ただし好きではなかったそうです)、ごく一般的なお菓子だったのでしょうね。

2009/09/25(金) 23:11:12 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://kapparismk.blog83.fc2.com/tb.php/372-8ed25cc3
 |  HOME  |