そばじゃないそば

先日、本牧の三渓園に行ってきました。
横浜の人しか知らないかもしれませんが、三溪園は、横浜で生糸貿易で成功した実業家の原三溪によって、1906年に公開された公園です。池や山を持つ広い庭園の中には、京都、奈良などの歴史的建造物を移築してあり、屋外の建築博物館でもあります。

   0911sk4.jpg

今では管理は市に移され、四季折々の花が咲く庭はオールシーズン散策を楽しめる場所としてにぎわっています。
   0911sk1.jpg

いちょうは、すでに臭い時期は過ぎたようで、黄色い葉の絨毯ができていました。

   0911sk2.jpg

もみじも、たまに落ちています。ちょっと粋ですね。

   0911sk.jpg

さて、〆に園内の待春軒で三渓が残した名物の「三渓そば」をいただきました。注文すると、これは日本そばではありませんよと念を押されます。うどんを軽くいためたものに、タケノコ、しいたけの細切りの餡をかけ、その上に錦糸玉子、ハム、絹サヤなどをのせたもので、汁はなく、具と麺を混ぜて食べます。冷やし中華のようでもあり散らし寿司のようでもある一風変わった麺料理でした。三渓はグルメでもあったようです。汁なし麺と具を混ぜながら・・・というのは当時の日本料理では新しい発想だったのかもしれません。

この日はとてもいいお天気で、三渓そば日和でした。あつあつの汁そばではないという点では、寒い時には不向きな食べ物でしょう。暖かい季節にどうぞ。

    →  三渓園散歩

2009/11/24(火) | おでかけ | トラックバック(0) | コメント(6)

«  |  HOME  |  »

hashsh

『』

三渓とは人の名前だったのですね。
そして三渓そば、具材からして確かに冷やし中華みたいですね。
それに、軽く炒めたうどんなんて、パスタのような雰囲気も感じられます。
暑い夏にはピッタリな感じですねー

2009/11/25(水) 00:36:49 | URL | [ 編集]

バンちゃん

『』

きれいにい色づいていますね。
そばと言う名でありながら、そばではない三渓そば、興味をそそられますね。
わが家は今度の土曜日に近くで紅葉を見る予定ですが、はたして、色づき具合はどうなのか気になっています。

2009/11/25(水) 09:41:38 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『』

v-58hashshさま
ちょっと料理の温度が微妙。熱くもないけど、冷たいわけでもないんです。夏には、もっと冷やすといいのかなあ。来夏、また食べに行こうと思っています。味は、和風スパゲティーみたいなかんじです。

2009/11/25(水) 21:57:26 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『』

e-68バンちゃんさま
今週末ならそろそろいいんじゃないでしょうか?
かっぱ夫婦も今週末は、かっぱ♀の出張ついでに紅葉狩りに出かける予定です。お天気だといいですね!

2009/11/25(水) 22:06:54 | URL | [ 編集]

がっぱあや

『』

なんだかこのおそば・・・鶏飯の様に
暖かいだし汁をかけてしまいたくなります
しいたけなどにしっかりとお味がついているのでしょうか・・・
う~ん、おうどんにもまだまだ知らない、色々な食し方があるものですね

そして・・・紅葉は今がちょうど見ごろなのでしょうか
イチョウの黄にもみじの赤、そしてかっぱの緑・・・
う~ん、これぞ素敵な色の競演の時ですねe-420

2009/11/25(水) 22:34:05 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『』

v-34がっぱあやさま
園内は、紅葉する木ばかりが並んでいるわけではないので、圧倒するような紅葉というわけには行きませんでしたが、色づきもそこそこ進んでいるみたいです。そろそろ見ごろかな?
かっぱたちは常緑ですが・・・・。

2009/11/25(水) 23:11:46 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://kapparismk.blog83.fc2.com/tb.php/390-aca4c26d
 |  HOME  |