外人墓地の一般公開

横浜外人墓地は観光客も必ず見て通る場所なのですが、平日は中の方には入れません。3月から12月の土日祝日に一般公開され、200円の寄付金で一部だけ見学することができます。

      091212ya.jpg

有名な人のお墓もありますが、見学ルートに沿ってその全部があるわけではありません。逆に、見学ルート上の有名人のお墓のありかを示す地図ももらえますが、その中にはあまり親しみのない名前も・・・。

    091212y1.jpg

誰でも知っているところにまずお参りです。日本の鉄道の発展に尽力したモレル氏のお墓には、最近お花が備えられた跡があります。ほかにも鉄道建設に携わった技師の方々のお墓も見られます。日本の発展のために尽くした人々が、山手から、海の向こうの祖国を見ているのです。

    091212y5.jpg

日本に本格的なフランス菓子を広めたアンドレ・ルコント氏のお墓がルートの中ほどにありました。横浜に眠られていることを今回初めて知りました。ケーキ好きのかっぱ一家としては、ここは絶対に足を止めてお参りしなければいけないスポットです。

    091212y3.jpg

日本近海で遭難した外国船の乗組員、外人排斥運動で殺された生麦事件の犠牲者もここに眠っているそうです。さぞ生きて帰りたかったことでしょう。観光地になっているとはいえ墓地はやっぱり墓地。あまり眠りを妨げないように早めに引き上げましょう。どうぞ墓地の維持のための寄付が沢山集まりますように。

2009/12/13(日) | おでかけ | トラックバック(0) | コメント(8)

«  |  HOME  |  »

hashsh

『』

大家(夫)はまだ行ったことがないのですが、入れるのは休日だけなのですね。
日本人だけでなく色々な国の人の助けがあったからこそ、日本は近代化なしえたのですね~
当時は今ほど気軽に祖国と日本とを行き来できなかったでしょうし、遠い異国に来るには相当の覚悟がいったことでしょう。

2009/12/13(日) 23:22:06 | URL | [ 編集]

みみのスケ

『』

そうだったんですね~!むか~しですが、小さい頃行った時には、無料で入れた気がします。。。良く覚えてないので、違うかもしれませんが。。。本当ですね。ここに眠ってる家族の思いを考えると、切ない思いがします。

2009/12/14(月) 12:01:10 | URL | [ 編集]

みつまめ

『』

京都にいらしていたのですね。いかがでしたか?母が外人墓地のとなりにある、カトッリク教会のお墓に眠っています。お墓参りにいくと、観光に来られている方々が写真を撮ってくださいます。母もきっと寂しくなく、うれしく思っていると思います。(でも、厳密には外人墓地では無くそのとなりですが。。。)

2009/12/14(月) 14:23:13 | URL | [ 編集]

がっぱあや

『』

私もその昔、散歩を兼ねてお邪魔したような・・・
でもその時は、誰々のお墓、という意識は全くございませんでした
日ごろは、あまり『お墓』という概念を持たない私でも
この異国の地で眠ることになった人々のことを思うと
なんだか、切ない気持ちになりますね
そうそう、昔この十字架のお墓の形にあこがれて
いつか、この中に入りたい・・・という理由だけで
協会に通ったことのある、ふとどきものの私ですe-268

2009/12/14(月) 22:54:20 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『』

v-63hashshさま
日本人の奥さんと家庭を持って暮らした人もいるみたいですね。日本という国を愛してもらえたでしょうか・・・。
今みたいに一年に何回かは帰国するなんてわけにも行かず、現在の世界は夢みたいでしょうね。

2009/12/15(火) 23:44:05 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『』

v-34みみのスケさま
入口のところまでは入れ、誰が眠っているのか人名リストの板を見ることができます。
中の通路はそんなに広くないし、斜面に立つ段々畑の状態なので足元も良くないし、観光客が沢山入るところでもなさそうです。このくらいの見学者がいる程度がいいのでしょうね。

2009/12/15(火) 23:50:55 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『』

v-22みつまめさま
外人墓地、さすがに雨天の日は公開されないようです。やっぱり晴れていないとお墓ですから、悲しく湿っぽくなります。
うるさくしてしまいましたが、眠っている方々がにぎやかで喜んでくださるならいいですね。

2009/12/15(火) 23:57:18 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『』

v-64がっぱあやさま
私もその不届き者の類で、死ぬまでに何とか宗教に目覚めたいと思ってはいるのですが、現世に執着するあまり解脱できません。で、宗教グッズなんかを集めてみています。(これは物欲と言うんですね・・・)

2009/12/16(水) 00:02:01 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://kapparismk.blog83.fc2.com/tb.php/396-e082a920
 |  HOME  |