元宵節

今日は満月。
旧正月・春節を迎えてはじめての満月の日のことを元宵節といい、春節の最終日となります。

夕方から関帝廟で春節祭の最後のイベント、舞踏の奉納が行われるので、見てきました。

          100228s10.jpg

シルクロードを彷彿とさせる音楽にあわせ、東洋風の衣装をまとって優雅に舞う天女のような美女にうっとり・・・。

     100228s14.jpg

・・・・と、パシャパシャとカメラのシャッター音が。それは別に気にならないのですが、音楽が流れている催しには、あちらこちらからひっきりなく鳴る電子音のメロディーは少し邪魔でした。

     100228s18.jpg

中国では、元宵節に美しい灯篭と共に満月を眺め、団子を食するようです。横浜の中華街では、この日は、一般の人も灯篭に願い事を書いて奉納することができます(有料)。集まった灯篭は、商売繁盛の神様を祀っている関帝廟では、ソロバンの珠と同じようにダイヤ型に並べたと、進行の方が説明していました。


     100228s26.jpg

さらに家内安全の女性の神様を祀った媽祖廟には、灯篭をハートの形にならべてあるとのこと。帰りによっていきました。今年は、システムがわからなかったので灯篭の奉納はしませんでしたが、来年はやってみようかな。

2010/02/28(日) | 横浜中華街 | トラックバック(0) | コメント(8)

«  |  HOME  |  »

hashsh

『』

いつもは静かな関帝廟も、この時ばかりは賑やかですね~
灯籠の並べ方にも色々あるんですね。
商売繁盛を願ってソロバンの珠のように並べるというのが、おもしろいですね~

2010/03/01(月) 19:17:53 | URL | [ 編集]

『』

こういう繁華街みたいな感じの街(?)好きです
横浜一度は行ってみたいですねー
灯篭がすごく綺麗です

2010/03/01(月) 23:33:02 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『』

v-20hashshさま
灯篭を置く形は一工夫したのだと説明していました。こういう行事も、観光客を想定して、色々企画が必要になってきたんですね。
関羽は財政担当みたいなお役目で算盤の発明者とも言われているので、商売の神様になっちゃったんですね・・・。徳高く、文武にすぐれたひとだったというので、お金もうけ以外のご利益もあるかな?

2010/03/02(火) 01:00:21 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『』

v-21咲さま
繁華街は住むところではないけど、行けばなんだか楽しい気分にはなりますね。
灯篭は秋からずっと中華街の中に置いてありました。また中秋のあたりから出てくるのでしょうが、それまではしばらくお別れです。

2010/03/02(火) 01:04:06 | URL | [ 編集]

がっぱあや

『』

今いる島では、先日、3月1日が16日祭というお祭りごとの日でした
旧正月から数えて16日目・・・ということで、お墓の前で
ご先祖様にお供え物をし、その後その御相伴に預かる・・・といったような内容なのですが
これも、中国の暦と非常に似ているなぁと思っていたところでした
こんなおめでたい日には、チャイナ服を見にまとい
街をそぞろ歩き、否、闊歩してみたいものです

2010/03/03(水) 22:58:12 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『』

v-77がっぱあやさま
えー、えー、もしチャイナドレスにこの贅肉が収まるならば私も闊歩したいですー!
日本の文化は大陸から伝わったものなので、やっぱり似ている部分が多いですね。正月にお餅を食べるのも、月見をするのもおんなじですよね。
旧暦のと普通の暦のズレの仕組みは、よくわからないのですが、まあ、お祭りは二度あったほうがいいか・・・。

2010/03/03(水) 23:17:18 | URL | [ 編集]

のりうさ

『』

とってもにぎやかなお祭りですねー
とってもご利益がありそうですー
おもちやお月見は日本独特のものと思っていましたが、やっぱり大陸からきたものなんですねー
さすが中華ですねー

2010/03/07(日) 10:07:18 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『』

e-345のりうささま
来年は金持ちになるべく、関帝廟にお供えをしてお参りしようかなあ。
踊りも衣装も幻想的でした。踊り手さんのお顔が写っている写真はさけましたが、皆さんとってもおきれい!いや~ぁ、勇ましい龍の乱舞や獅子舞もいいけど、美しい踊りもいいもんですね~。

2010/03/07(日) 17:04:31 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://kapparismk.blog83.fc2.com/tb.php/411-1dff0d6f
 |  HOME  |