終わりのある旅 ~スペインの巡礼道

道端の岩に、家の壁に、電信柱に、舗道に描かれた、単なる矢印だったり、帆立貝だったりホタテに見立てたマークだったり・・・・。そんなたくさんの矢印に導かれて星の野原まで旅をした。

本来なら、ひたすら信仰のため800キロもの距離を歩く巡礼の道だが、今回私たちは至れり尽くせりのグループツアーのバスで要所をたどったにすぎない。歩いたのはたった10キロだ。

20100625a49lt.jpg 20100625a78lt.jpg 20100625a72lt.jpg
20100625a63lt.jpg 20100625k308lt.jpg 20100629a74lt.jpg
20100629a60lt.jpg 20100626a31lt.jpg 20100630a61lt.jpg

道行く本物の巡礼の人々と声を掛け合い、どこから来たの?何日目?と、カタコトの会話が交わされる。ハンガリーから来たという女性は、一ヶ月会社の休みを取ったが、ゴールまでのあと数十キロは、もう時間がないのでバスで行くという。全て歩ききる計画だったと思われるので、さぞ残念なことだろう。

サンチャゴの町の聖堂の近くには、巡礼を無事終えた人々が、通過した村や町のスタンプや日付を押した手帳を示して、巡礼の証明書を発行してもらう場所がある。疲れているのだろうが、皆、歩きとおした晴れやかな顔だ。

クリスチャンでもなく、巡礼の道から外れた他の観光地も楽しみ、巡礼道もほとんどバスで通っただけなのに、それでもサンチャゴに到着した時は、不思議な達成感があった。何度か旅行はしているが、目的地が設定されており、そこに到達することが目的という、明確な終わりがある旅というのは初めてだったので、特に心に残る旅になった。

2010/07/24(土) | | トラックバック(0) | コメント(6)

«  |  HOME  |  »

がっぱあや

『』

巡礼の旅・・・私も色々なものがこびりついてしまった自分のソウルを
いちどきれいサッパリにしてみたいものです
でも、その場所にたどり着いたから劇的な何かがある・・・ということではなく
それまでの様々な過程が大事なこととなってくるのでしょうね
このような場所の力を少し分けてもらうことによって
人々は生き延びてこられたのかな・・・
(なんだか自分が何を言っているのかわからなくなってきましたすんません)

2010/07/27(火) 08:58:46 | URL | [ 編集]

hashsh

『』

ホタテ貝のようなマークが多いのには、何か訳があるのでしょうか~?
車で回るのさえ大変なのに、巡礼の旅を徒歩で回るのはさぞかし大変そうですが、一度はやってみたいと思っています。
とりあえずは、四国八十八箇所巡りから・・・

2010/07/27(火) 19:05:08 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『』

v-22がっぱあやさま
それまでは、観光スポットをがつがつ見学してきたのですが、サンチャゴに到着したら、それだけですっかり満足。大聖堂でミサを見て、あとはうだうだしていました。
今年は、聖ヤコブ年。許しの門が開くので、そこを通ると今までの罪が許されるとか。ほぼ半世紀分の罪を流してきました。

2010/07/28(水) 23:47:26 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『』

v-20hashshさま
帆立貝は、サンチャゴに遺体が流れ着いた聖ヤコブの象徴・・・とはいえ、なぜそうなのかは判りません。ヤコブの遺体が乗っていた小船に帆立貝がくっついていたとか、騎士が海に転落した時に聖ヤコブの名前を唱えたら帆立貝が沢山集まって陸まで運んでくれたとか・・・。
四国八十八箇所も興味はあります。一番札所は行ったことはあるのですが、88もめぐるのはたいへんでしょうね。坂東札所めぐりはどうでしょうね。

2010/07/29(木) 00:05:34 | URL | [ 編集]

のりうさ

『』

巡礼の旅だったのですねー
信者ではなくても、そこに行くとおごそかな気持ちになりますねー
達成感もありますしー
のりうさは外国に行くと、観光ばかりですが、巡礼のような感じる旅もすてきだなーって思いますー

2010/08/02(月) 09:54:17 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『』

v-344のりうささま
バスで行っただけじゃご利益ないでしょうねー。そもそも私たちはカトリックの洗礼も受けてないですし・・・。それでも、目的がハッキリしているので達成感はあります。立ち寄った主要な町では、巡礼のスタンプも押してくれるし・・・・・。みんな、最後は、スタンプラリーに参加したかのようでした。

2010/08/04(水) 21:52:33 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://kapparismk.blog83.fc2.com/tb.php/435-9a9e2d88
 |  HOME  |