新高梨のジャム

暑さがようやく和らいで、秋を感じられるようになりました。

かっぱ一家で、秋の果物で好きなもののひとつには、梨があります。
長十郎、二十世紀、豊水、幸水、最近は新高梨というのもあります。
でも今回は、そのままの梨でなく加工品の話です。

いただきもので新高梨のジャム。四国愛媛で作られたとのこと。
普通は梨はジャムにしないだろうと思うのですが、梨の種類をも指定したこだわりの品のようです。

201009jp1.jpg

薄切りにした梨のしゃりっとした食感が残っています。ジャムにしては砂糖も控えめ、保存料などは無添加と、日持ちはしないタイプです。

201009jp3.jpg

白いパンにのせてパクパクおやつのように食べてしまい、ひとビンあけると食べきるのに時間がかかりがちな我が家でも、短期で消費できそうです。梨のジャムという発想も、そのおいしさも新鮮でした。

2010/09/23(木) | 食べ物 | トラックバック(0) | コメント(8)

«  |  HOME  |  »

のりうさ

『』

梨のジャム、初めてみましたー
保存料が入ってないのもいいですねー
ヨーグルトにもあいそうですー
これから梨の季節、のりうさも大好きなのでうれしいですー
のりうさは二十世紀がすきですー

2010/09/24(金) 07:42:43 | URL | [ 編集]

hashsh

『』

これは瓶もそれほど大きくはないのでしょうか、パンに付けて食べたらおいしくてあっという間になくなってしまいそうですね~
しゃりしゃりした食感が残っているのがいいですね。
少量を手作りで丁寧に作っている、ということを「手作」のシールが表してくれているかのようです。

2010/09/24(金) 18:12:21 | URL | [ 編集]

バンちゃん

『』

梨でジャム、珍しいですね
しかも、高級品種の新高とはビックリ!
生で食べても甘い梨(特に新高は)をジャムに仕上げたのですから、新高独特の上品な甘さがあるのでしょうね

2010/09/24(金) 20:12:34 | URL | [ 編集]

がっぱあや

『』

あの梨のシャリシャリ感がうまく生きているジャムなのですね
パイのフィリングなんかにもあいそうですねe-281
色々なお料理の(お肉とか)隠し味としても活躍してくれそう
そうそう、数日前、果物売り場を歩いていたら
『新甘泉(しんかんせん)』という名称の梨がありました
思わず駆け戻り、読み方を確認してしまった私です

2010/09/24(金) 20:49:38 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『』

v-20のりうささま
私も梨は大好きです。日々の買い物に行っても、考え付くのは肉魚野菜・・・。つい果物を買うことは忘れてしまいがちです。食べないうちにシーズンが終わってしまうこともあります。梨、買いに行かなくちゃ!

2010/09/26(日) 09:32:35 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『』

v-22hashshさま
愛媛の農家の人が作っているらしいです。このほかの種類の梨ジャムもありました。スライスした果肉が残っていて、食感もよく、パンが進んじゃいます。

2010/09/26(日) 09:36:51 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『』

e-68バンちゃんさま
もちろんそのままの果物が一番おいしいので、ジャムにしてしまうのはもったいない気がしますが、高級品種ともなると、表面の傷など捨てちゃうこともあるみたいですから、ジャムに生かしてくれるといいですね。

2010/09/26(日) 09:42:29 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『』

v-17がっぱあやさま
しんかんせん、食べてみてください!字からすると、甘くて水気たっぷりのイメージですが、読みは・・・。
いろいろ新しい品種が出ていますが、新高梨は、高知と新潟のなしの掛け合わせだからというけどほんとかな?

2010/09/26(日) 09:46:57 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://kapparismk.blog83.fc2.com/tb.php/446-570fc406
 |  HOME  |