紅白、寿、お祝い事は真砂茶寮で

11月の中旬、お世話になった先輩の還暦&退職のお祝いをかねて、横浜の真砂茶寮というお店で食事をしました。

自分の家に近いところなので、わざわざ出てきていただくのも申し訳ないと思いましたが、インターネットで写真を見て以来、どう考えてもこのお店以外にふさわしい場所が考え付かなかったのです。実際に行ったことはありませんが、お店の前は通ったことがあり、ビルの谷間にある一軒家の静かなたたずまいも、気になっていました。思い切って電話したら、4人用の部屋がまだ一つあいているとのこと。ご縁があったのだと思って予約しました。

どんなお店?どんなお料理だろう?気に入ってもらえるといいなあ・・・。

---------------------------

お店は、すべて個室です。畳ですが、テーブルの下に足がおろせるようになっています。

お祝いの席と言っておいたので、テーブルには紅白の紙が敷いてあります。
先付の後は・・・。

20101113m5.jpg
これは蟹真蒸。清楚で美しく、ああ、和食っていいなあ!と思います。

20101113m11.jpg
お刺身の盛り合わせの次に出てきたのは蕪蒸し。下にはふっくらとした上品な味付けの鰻が入っています。

20101113m12.jpg
蟹と春菊の和え物と松茸の吸い物です。この白木と赤い器がとても素敵。

20101113m14.jpg
金目鯛もきれいに皮に切込みが入っていて、見た目も味も私の好みでした。

20101113m17.jpg
しめのご飯は鯛めし。鯛の身が細かくそぼろのようになっていて、軽く味がついています。

和菓子とお茶で、のんびりおしゃべりをし、9時過ぎにお店を出ました。3時間もいたようです。

さて、このお店、27日発売のミシュランの横浜・鎌倉版(もう本屋には並んでいました)で、2つ星をもらったというニュースをやっていました。

かっぱ♂と昼食でもいいからもう一度行きたいなあと思っていたのですが、暫く予約は取れないでしょう・・・

2010/11/26(金) | 外食日記 | トラックバック(0) | コメント(6)

«  |  HOME  |  »

hashsh

『』

このお店は、横浜でも中華街にあるお店ではないのですね。
松茸のお吸い物が、普通のお椀ではなく背の高い器に入っているのが、ちょっと変わっていていいなあと思いました。
器から料理から、細かいところにまで気が配られている感じがしていいですね~

2010/11/27(土) 09:31:27 | URL | [ 編集]

がっぱあや

『』

ひとつひとつ手の込んだお料理の美味しさは言わずもがなでしょうが
この器使いの素晴らしいこと!
これはまず目で美味しめますね
これぞ素敵なお店の醍醐味・・・といったところでしょうか
いつまでもこのような和食の繊細な味がわかるように
味覚アンテナを磨いていたいものですねe-423

2010/11/27(土) 21:06:46 | URL | [ 編集]

のりうさ

『』

とってもおいしそうですー
蟹真蒸ー、ほんとにこんなのをいただくと幸せかんじちゃいますねー
お祝いの会、喜んでくださったでしょうねー
さすがかっぱさん、みつけるのがとっても上手ですー

2010/11/28(日) 19:46:55 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『』

v-64hashshさま
横浜も官庁街、ビジネス街は元は関内近辺で、横浜駅からは数駅離れています。よそに住んでいる方には、横浜よりもさらに遠くに来ていただくのは悪いなあと思ってしまうのですが、古いお店はやはりこちらの方が多いのです。
赤い器は形も変わっています。ここの料理人さんは、神社のお料理(なんていうんでしょうね)修行をされたとか。和え物の器は、神前結婚式で出てきそうな三々九度の赤い盃をイメージしました。

2010/11/28(日) 20:33:51 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『』

v-34がっぱあやさま
蕪蒸しが中国風の陶器でしたが、面白かったです。歯の形のお皿もなかなか味があってお友だちには好評でした。
私は木の盆が気に入ったのですが、これ、油がつくとシミみたい残ってしまいそうで心配です。

2010/11/28(日) 20:43:33 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『』

v-20のりうささま
お店をあまり知らないので自信がなかったのですが、先輩が、ステキな店で感激しましたと言ってくださいました。よかった、ほっとしたわー。
退職されてしまえば、お付き合いもなくなってしまうかもしれないので、仲居さんに、記念写真を撮りまくってもらいました!

2010/11/28(日) 20:50:35 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://kapparismk.blog83.fc2.com/tb.php/463-bcf3c86e
 |  HOME  |