ティフィンでハイティーを

シンガポールのホテルで、宿泊客へのサービスに、ハイティーがセットされていました。

何年か前に、かっぱ夫婦も、ほかのホテルからわざわざ見物がてら訪れたことがあります。
観光地にもなっているティ-ルームなので、お断りするテはない!

        1106ht.jpg
三段の銀のトレーは、優雅な気分にさせてくれます。
紅茶は、シンプルに、ダージリンのストレートをいただきました。

真ん中のお皿のチョコレートのケーキを食べ、甘いのでサンドイッチをつまみ、隣のレモンケーキにも手を出します。これで、口の中が、かなり甘くなります。また、サンドイッチを一つ・・・。

シンガポールではハイ・ティーもブッフェ形式になっているところが多く、三段トレーのほかに、好きなだけお菓子を取ることができます。また、ブッフェのテーブルの上には、シンガポールという土地柄か、中華の点心も混ざっているのです。

ケーキの合間に、ちょこちょこ餃子や肉まんを取ってくると、
1106ht3.jpg
「ママ、これ、違うよー」というおーの抗議の顔・・・。

1106ht1.jpg
しかたないので、クランブルを取ってきました。これもとっても甘いです。

それは、「もう甘いものは無理!」と、この時のために温存しておいたサンドイッチの最後の一切れに手をのばそうとした瞬間のことでした。ボーイさんがサンドイッチが残っていたトレーをすーっと下げてしまったのです。一番上にのっていたタルトとマドレーヌのお皿は、おーの前において行ったのに!

1106ht4.jpg
どうやら、おーが「サンドイッチはもういらない」とボーイさんに言ったようです。おーちゃん、なんてことを。私のサンドイッチを返して!

1106ht5.jpg
さらに、美しいマダムがお皿を持ってやってきました。シンガポールの名物でもある、カヤ(ココナッツと卵で作ったジャム)トーストです。

「前に来た時に、カヤのパオがあったのだけど、今日はないの?」と、サービスに回っているマダムにきいたところ、そのようなものは知らないとのこと。話はそれで終わりと思っていましたが、マダムはわざわざ厨房に手配してくれたようです。パオではありませんでしたが、カヤトーストも食べてみたいと思っていたので、ちょうどよかったです。

よく焼けたトーストのサクッとした食感の中にカヤジャムとたっぷりのバターが挟まっています。かなりリッチな味わいで、ブッフェの後では一人前はとても食べきれませんでした。

せっかく作っていただいたのに置いてゆくのはもったいないので、お部屋に持ち帰りました。遅目の重たいおやつだったので夕食は抜きましたが、残ったカヤトーストは、夜中にありがたくいただきました。

2011/07/02(土) | 外食日記 | トラックバック(0) | コメント(8)

«  |  HOME  |  »

ishige

『No title』

シンガポールのホテルでもこういう
お茶会なサービスあるんですか(・∇・
ケーキやスコーンだけじゃなくて、
点心や地元のお菓子が
混ざっているのも面白いですね(^~^
統治時代の文化をちゃっかり受け継ぎ?でしょうかね

2011/07/02(土) 04:30:10 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『ishigeさま』

英国風にクランブルやスコーンもブッフェ・テーブルにのっていましたが、食べられませんでした。量的にも、あらかじめトレーに組まれているものだけで充分なんですよね・・・。点心はもともと好きなので、ケーキの合間にちょこっと食べるのに良いのですが、おなかがたちまちいっぱいになります。ブッフェテーブルのケーキ全種類を食べ、口直しもするとなると、いったいどれだけ食べればいいのやら。

2011/07/02(土) 12:20:30 | URL | [ 編集]

はるとりのカッパちゃん

『No title』

美味しそう・・・!!!
おーちゃんイイなぁ・・・
シンカポールっておいしい物が多いってハハは言ってるけどほんと?
屋台に行くと金魚のすくいの金魚を入れるみたいなビニールにストロー差してジュース売ってるってホント?
ハハのつくり話かなぁ・・・?

2011/07/02(土) 19:29:23 | URL | [ 編集]

カッパーマン

『』

三段の銀のトレー、はぁ~、夢のようですi-189
平面にテーブルに置いてあるのと、
こうして立体に置いてあるのとでは、
同じ食べ物でも、全然気分が違ってきそうです。
カヤトーストって何だろう?と、昨日調べたんですが、
東京の豊洲で食べられるらしいので、いつか行ってみたいです。
出来れば、本当に、シンガポールに行けたら…いいなぁ。

2011/07/02(土) 20:39:05 | URL | [ 編集]

がっぱあや

『No title』

う~ん、これぞ優雅なひと時・・・
雰囲気に弱い私は、この算段重ねのお皿が出てきただけでも
クラクラしちゃいそうです
うふふ・・・やっぱりおーちゃんは、根っからの甘党かっぱなのですね
いつかおーちゃんとブッフェ台の周りをグルグルグルと巡るのが
次なる私の目標となりましたe-281

2011/07/02(土) 21:05:04 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『はるとりのカッパさま』

確かに世界一美味しいものが集まっている国ともいわれているらしいね。
ジュースも、ハハさんの作り話じゃないよ。かっぱ♀も、20年前に行ったときは、金魚のビニールにジュース入れてもらいました。金魚を入れた後、洗って使ったということではないんだけど、先入観ってものがあるんで、なんか、大丈夫かなあって気がしたよ。
今回は、見なかったけど、まだあると思う。さらに進化バージョンで、プラスチックのコップごと入れる専用のビニール袋があって、それに入れると、コップが傾かず、腕に下げられるんだ。きっと、暑い国だから、水分を持って歩く必要があるんだね。

2011/07/02(土) 21:08:04 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『カッパーマンさま』

豊洲にあるのは、確かシンガポールのチェーン店です。本場の味が食べられると思います。シンガポールでは、カヤをおいしく手作りできるといいお嫁さんになれるとか。ラッフルズのだとカヤジャムは10ドルくらい、スーパーのものだと1.7ドル。後者を買ってまいりましたi-229 手荷物にしてしまいましたが、ジャムは水分にあたるそうで、空港検査で引っかかり危うく没収。航空会社の係員に泣きついて今回だけ別送預り荷物に振り替えてもらいました。

2011/07/02(土) 21:23:15 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『がっぱあやさま』

友人とアフタヌーンティーをする時も、一人は三段トレーのセット、一人は普通のケーキセットを頼んで、分けたりしています。甘いものの食べ放題は、たぶんだめかも。がっぱあやさん、今度おーをお伴に連れて行ってやってくださいませ。

2011/07/02(土) 21:30:22 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://kapparismk.blog83.fc2.com/tb.php/503-a2b5c125
 |  HOME  |