ノー・サイン・ボードのホワイト・ペッパー・クラブ

シンガポールに行くと言ったら、同じ会社の人から「ノー・サイン・ボード」というレストランで「ホワイト・ペッパー・クラブ」を食べるように薦められました。

「予約って要るかな?」「いきなり行ってみる?」と、レストランに英語で電話する役を押し付けあって夫婦で逡巡していると、ホテルのバトラーのお姉さんが「今夜の夕食はどこにいくか決めましたか?レストランの予約が必要なら、私に言ってくださいね。」とタイミングよく訊いてくれたので、思い切ってノー・サイン・ボードの予約をお願いしました。「人気店で、今日は日曜だから混むと思うけど、何とかします」とのこと。

しばらくすると、さっきのお姉さんが「タクシーにこのカードを見せてください。レストランのアドレスが書いてあります」と予約の詳細が書いたカードをもってきてくれました。至れり尽くせりです。

それにしても、いささか高級なホテルで、こんな庶民的なレストランを予約した人って、ほかにいるのかな?しかも、私たちは、タクシーでなんかで行きません。ホテルの前からレストランの近くまでは地下道がつながっているので、移動は二本の足。客層を下げる、せこい宿泊客です。

1106nsb10.jpg

メインはホワイト・ペッパー・クラブと決めていましたが、あとは何がいいかわからないので、お店のおすすめのセットメニューにしました。

1106nsb2.jpg
初めにロブスターのサラダがでてきました。オレンジ風味のマヨネーズ・ソースであえてあり、美味しいです。サラダに入っているみかんの缶詰は嫌いですが、これはOK!

1106nsb1.jpg
スープは蟹の卵とフカヒレがたっぷり入っています。ボリュームも味もいい感じの、贅沢なスープです。

1106nsb.jpg
さて、お待ちかねのメインは「チリ・クラブ」と人気を二分するという「ホワイトペッパー・クラブ」です。どちらも、種類は違えど、辛いことは変わりはありません。白コショウのソースがクラクラするほど香り、最高に食欲をそそる一品です。

もちろん蟹なので、とても食べにくかったです。・・・もう一か所割っておいてくれればいいのにと思いながら、すっかり無口になって平らげました。チリソースとは違って、トウガラシの辛さがダメな人でも大丈夫。おすすめ通り、これは、シンガポールで食べるべき名物料理でした。

2011/07/06(水) | 外食日記 | トラックバック(0) | コメント(4)

«  |  HOME  |  »

guri

『食べてみたいですー』

次の旅行にシンガポールも行ってみたい国のひとつとして検討してるんですーv-10
「ホワイトペッパークラブ」すっごく美味しそうですーv-238v-271
ワインもすすんじゃいそうですね~~~v-272v-10
写真を見るとますます行きたくなっちゃいますーv-233

2011/07/08(金) 00:12:43 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『guriさま』

チリクラブを食べるならノーサインボードかジャンボとすすめられましたが、ホワイトぺッパークラブはノーサインボードでしか食べられないといわれ、こちらにしました。でも、手は汚れます。無口になります。覚悟して食べてくださいね。シンガポールはうまいものが多い国なので、めっちゃ迷いますよ!かっぱ夫婦はチキンライスを3回、ラクサを2回食べました。食べたりない!!!

2011/07/08(金) 20:17:54 | URL | [ 編集]

hashsh

『おいしそう』

果物って、料理にそのまま入っていると拒否反応が出ることがありますが、ソースなどに使われているとすんなり受け入れられますね。
我が家はそうめんに入っている缶詰みかんや、酢豚のパイナップルが苦手です。
ホワイトペッパー・クラブ、そんなに辛いんですね。
そんなに辛そうには見えないのに。

2011/07/09(土) 08:48:57 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『hashshさま』

そうめんのみかん、私もいやです。しかもなんかふやけてるし。別に出してくれればいいのにと思うのですが、そんなに彩りって大事なんでしょうか。
刺激物ということでは変わりませんが、チリソースよりは胃に来なさそうな気がします。かっぱ♂はシンガポールに行く前、胃が痛かったので(シンガポールに行く価値なし!)、辛いものは少ししか食べられませんでした。あとは野獣系かっぱ♀が、両手づかみで全て片付けました。

2011/07/09(土) 13:12:51 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://kapparismk.blog83.fc2.com/tb.php/506-e13ada05
 |  HOME  |