生月餅

生月餅なるものを、新横浜駅の横浜土産のコーナーで見つけました。

中国のお正月には、さかさの「福」の字を飾りにします。これは、福が到来するようにという願いを、「到」と「倒」の読みが同じことにかけて、福の字をひっくりかえすという一種の洒落です。菓子名はこれにちなんで「とうふく」としたそうです。
20110923o2.jpg

「生」とつくと生どらやきを連想し、期待値は高まります。20110923o4.jpg

もっちり食感の皮も薄く、全体に小さいです。中にはクルミ入りの餡が入っていて、そのあたりは月餅っぽいのですが、しつこいほどの甘さと油、あの重量感はありません。
20110923o5.jpg

生クリームや練乳入りで中・洋折衷ですが、あんまり「洋」の部分は感じませんでした。私はやや中途半端という感じを受けましたが、月餅が苦手という人でも食べられそうです。製造元は、古くからの横浜土産の定番「ハーバー」を出している「ありあけ」です。
20110923o7.jpg

さて、新名物となれるかな?

2011/09/25(日) | お菓子 | トラックバック(0) | コメント(4)

«  |  HOME  |  »

カッパーマン

『新名物!』

和洋折衷ならぬ、中洋折衷の「とうふく」、
通常の月餅の「重量感」が苦手な人でも、
これなら、パクッといけそうな感じですね。
いっぱい福がありますように。

2011/09/25(日) 14:14:21 | URL | [ 編集]

がっぱあや

『No title』

生チョコに生大福・生八つ橋・・・最近、なんでんかんでん
この『生』という文字が目立つようになってきたこの世界
あの重量感タップリの月餅と比べると、やや迫力に欠けるかなぁと思うのですが
サラッと食後のスイーツなんかを楽しむのには向いているのかもe-423
あぁ、懐かしの新横の駅・・・駅ビルも建っちゃったりして
随分様変わりしているのでしょうね~e-274

2011/09/25(日) 21:09:54 | URL | [ 編集]

hashsh

『No title』

「とうふく」の由来を知らなかった大家夫婦は、印刷間違えてるんじゃないか、などと思ってしまいました。
平べったくってもちっとした食感、ということは、阿闍梨餅っぽいのでしょうか。

2011/09/26(月) 00:38:34 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『No title』

v-22カッパーマンさま
油っぽくないのでイケルかもしれませんが、やっぱり月餅というにはイメージが違います。
ほとんど一口大なのでぱくっと・・・。だとするとちょっと高いかな?

v-63がっぱあやさま
生ドーナッツだけはあんなものドーナッツとはいえねー!と思いましたが、やっぱり「生」の文字に惹かれて月餅に手をだしてしまいました。うーん、まあまあかな。
新横浜の駅ビル、ちょいとしょぼめです。

v-20hashshさま
あはは、大丈夫。福の字をわざわざ正常の位置に戻して貼っているお店もありますよ。
阿闍梨餅は、わたしのなかではかなり高いポジションにあり、並みの菓子では手が届かないと思います。この月餅じゃ残念ながら無理かな。i-179

2011/09/26(月) 21:48:55 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://kapparismk.blog83.fc2.com/tb.php/526-e4d265fc
 |  HOME  |