バリで見てきました。

バリの三大ダンスです。
観光に組み込まれていました。

最初に見たのは、バロンダンスでした。バロンという善の神と、ランダという魔女の果てしない勝負のつかない戦いの物語です。

2012balid1.jpg
宮廷の侍女の踊りです。
こういうのを目力というんでしょうか。白目、黒目がぎょろりと動きます。
指先の動きを見ていると、思わず手がこわばって指がつりそうになります。

2012balid2.jpg
いよいよ戦いのシーン。
獅子舞みたいなのが善の神様バロン、長髪の後姿は魔女ランダです。善悪とも同じ力を持つので勝負はつかず、最終的には、聖なる水をかけられ、ひきわけにされちゃう・・・・。バロンダンスは、勧善懲悪でチャンチャンという決着はないのです。


次はケチャックダンス。

2012balid5.jpg
暗くなってきたら、ケチャ踊りの始まりです。上半身裸のオッチャン達がぞろぞろ出てきて、どんなことになるのか想像がつきません。

2012balid3.jpg
音楽はなく、控えめなリード・ボーカル(?)とチャッチャッという男性の掛け声だけで進んでいきます。
現在のケチャック・ダンスは、1930年ごろに、神様にささげる踊りだったケチャ・ダンスと神話を合わせて、新しい踊りとしてつくられたものだそうです。

2012balid4.jpg
はじめは大きな円になって座り、小さなグループに編成替えしたり、立ち上がったりしますが、踊り自体は派手な動きはありません。体全体で踊るのではなく、腕を直線的に大きく動かすだけです。それが、かえって力強く見えるのでしょう。


最後は、宮廷の踊りのレゴン・ダンスです。

2012balid8.jpg
この踊りは、ディナーといっしょになっているショーで見せていただきました。
ステージには、華やかな女性の踊り手が現れます。

2012balid6.jpg
きれいな踊り手さんが二人で舞っていますが、実はこの人たちはいのちをかけて戦っているんです。スピードもあって、結構激しい踊りです。女性の美しさに騙されてはいけません。

2012/07/05(木) | | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

がっぱあや

『No title』

自称コスプレ好きの私
一度でいいからこのようなメイクと衣装を身につけてみたい~
(あ、ケチャ踊りではない方でe-274
今、私も思わず爪の先にまで神経をとがらせてみたのですが
いやぁ・・・疲れますe-282
あの独特の目力にも魔力があるというか
ついつい違う世界へと引き込まれちゃいそうです
どこの国でもそうでしょうが、伝統あるものって
深み重みがあり独特の世界へと誘ってくれますね
その国を知るには、食べ物と伝統文化に触れるのが一番e-343
・・・といったところでしょうか~

2012/07/06(金) 08:51:22 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『がっぱあやさま』

ケチャの方なら簡単ですね。黒白チェックの腰みのいや腰巻・・・。バリでは、宮廷風の服装、被り物、メイク付のプロカメラマンによる写真撮影という体験型観光もありますよ。私も若ければやりたかったのですが、それと、二人で参加だとかっぱ♂が絶対嫌がるだろうと思ったのでやめておきました。
そういえば、琉球の衣装もいいですよね。着たことありますか? ああ、コスプレやりたいですー。

2012/07/06(金) 20:27:37 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://kapparismk.blog83.fc2.com/tb.php/571-54b9bb67
 |  HOME  |