京都 都路里と辻利

出張のついでに、京都で泊まりました。
茶寮都路里のパフェが食べたいけど、祇園のお店はいつも並ぶからなあ・・・と思ったら、なんと全日空ホテルで、ホテルのロビーで都路里の抹茶パフェが食べられる宿泊プランがあるということ。ネットでホテルを予約し、到着後、ロビーでゆったりパフェを頂きました。こんなプランがあるなんて、私以外でも、似たようなことを考えている人がいるんですね。

      201210tr.jpg

仕事の帰りは大阪から。京都のお土産は新大阪の新幹線のホーム下で買いました。新発売なのか、人目をひく場所に京都宇治の「辻利」のお菓子がありました。

201210tr2.jpg

抹茶の生八つ橋です。小さな袋はふりかけ用の抹茶の粉。

201210tr3.jpg

抹茶の生八つ橋というだけなら、ほかのメーカーにもありますが、ふりかけをつけるところで商品の差別化をはかったというわけです。抹茶の苦みもまたおいしいです。

201210tr6.jpg

ほうじ茶のラスクと、緑色の箱の抹茶のラスクの両方を買いましたが、一つはお土産であげてしまったので写真はありません。

201210tr4.jpg

チョコレートがけのラスクです。見たところ、抹茶と違って何の特徴ありませんが、食べてみると、チョコレートに消されることなく、ほうじ茶独特のこうばしい香りが口の中に広がります。抹茶より、お菓子に使われることが少ない分面白いかもしれません。

美味しい抹茶の老舗というイメージの祇園辻利(都路里)と宇治の辻利。宇治から屋号をもらったのが祇園辻利で、初代は一緒だそうです。

2012/11/05(月) | お菓子 | トラックバック(0) | コメント(4)

«  |  HOME  |  »

hashsh

『No title』

そんなプランがあるんですね~
パフェの人気がうかがえます。
抹茶を振り掛ける生八つ橋、面白そうです。
抹茶を別にしただけなのに、それだけで特別なもののように感じてしまいます。
そして、ほうじ茶のラスク。
抹茶ではなくほうじ茶というのがいいですね。
香りも良さそう~

2012/11/06(火) 19:03:29 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『hashshさま』

何の気なく、都路里にいきたいけど、ならぶから・・・といったのを聞きつけた人が、こんなプランあるよ、とおしえてくれました。いろいろ考えるんですね。
ラスクは、ひと箱にたった五枚でした。ちょっと食べたりないけど、まあそんなもんです。いま、全国どこに行ってもご当地ラスクみたいなものができていますよね。お手軽なのでしょうか。

2012/11/06(火) 21:53:17 | URL | [ 編集]

がっぱあや

『No title』

あぁ・・・京都は体をかっぱ色に染め上げるのに最適な場所ですねe-399
そしてこのパフェをホテルに居ながらにして頂けるだなんて
なかなか粋なことをしてくれるぅ
うふふ・・・きっと企画室にはスイーツ好きの方がいらっしゃるに違いないe-282
そして旅の仕上げは、これまた素敵なお茶スイーツ
お茶スイーツ=お抹茶という公式は京都宇治にはあらず~
ほうじ茶もスイーツ仕様になるとどこか新鮮さがある様な
しかし都路里と辻利、初代は一緒だったとは・・・驚きです
これからも切磋琢磨して素敵なお茶スイーツを生み出してもらいたいですね

2012/11/08(木) 08:05:35 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『がっぱあやさま』

いやあ、抹茶スイーツ好きとしては都路里ははずせません。本当はいろいろ入っていなくても、抹茶ゼリー単品でもいいのですけど、いずれにしても並びます。こんな宿泊プランがあるのに、びっくりしました。
最近は「京はやしや」が横浜のデパートにもあるので、時々は行きたいと思いますが、休日は混んでいます。

抹茶にせよ、ほうじ茶にせよ、なんでお茶って薫り高く、おいしいんでしょうね。

2012/11/08(木) 22:27:31 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://kapparismk.blog83.fc2.com/tb.php/596-0340bf41
 |  HOME  |