国宝を食す

どうしているかなあと思っていた知人から折よくメールがあり、さっそく食事することになりました。

パスタの種類が選べるという横浜駅近く(「裏横浜」という怪しげな名前がついている地区にあります)のリアルというお店を予約してみました。週末でしかも連休とあってお店はほぼ予約客で満席でした。

コースのスタートはスープ。そのあとの冷たい前菜は、ブリのカルパッチョで西洋わさびとバルサミコを付けていただきます。カルパッチョの下には柿が隠れています。メロンと生ハムみたいな感じでしょうか。次に、温かい前菜の穴子の炭火焼がでてきて、いよいよ、お目当てのパスタ2種です。注文時に、パスタの見本をもってきてくれるので、形状から好きなものを選ぶというシステムです。

20121124r1a.jpg

パスタの一皿目は、ポルチーニ茸などキノコのアーリオ・オーリオ。饂飩のような太めのピーチというパスタをえらびました。期待通りに、麺の歯応えがあります。キノコが細かく刻まれたソースはいい香りです。ポルチーニはクリームソースで頂くことばかりで、オリーブオイルベースというのは初めて食べました。
20121124r3a.jpg

二皿目は濃厚な渡り蟹とズワイ蟹のトマトソースにあわせて、平面のタリアッテレを選択しました。これもお店の人気のパスタだそうです。二皿ともコースで頂く際は少量ですので、次回はパスタ単品でがっつり行きたいと思います。

20121124r2a.jpg

最初はパスタ目当てだったのですが、お店に入ってからメインの肉料理が今回の一番の目的に変わりました。というのも、「ハンガリー国宝豚 マンガリッツァ豚の炭火焼き ローズマリーソース」というハンガリーの国宝を食べちゃうというメニューを見つけたからです。コースの魚料理か肉料理かのチョイスでは、迷わず肉にしました。

どんぐりを食べさせて育てたイベリコ豚など、ブランド豚は日本でも一般的に知られるようになっていますが、さすがに国宝となると有難み+興味がぐっと増します。

20121124r5a.jpg

マンガリッツァ豚は、身が赤めで、天然の霜降りなのだそうです。豚の霜降りとはあまり聞いたこたがりませんが、一見したところ、牛肉の霜降りほど白い部分がまんべんなく入っているようには見えません。脂は良質なのだそうです。おいしい国宝でございました。

デザートとお茶をいただき、更にお茶の追加をして4時間も粘りました。お店の方すみません。

2012/11/25(日) | 外食日記 | トラックバック(0) | コメント(4)

«  |  HOME  |  »

がっぱあや

『No title』

横浜には魅力的なお店がいっぱい・・・否、
夫婦ともかっぱさんがチョイスされるお店が素敵なんですよね
前菜も見た目麗しく、素敵なひとときのスタートにピッタリe-343
そしてパスタも少量ずつ、好みのものが選べるというのも
食いしん坊心をくすぐります
特に一皿目のおうどんのような風貌にはビックリ~e-274
でも、この日の一番のビックリはやっぱり国宝を食らうこと
ハンガリーの国宝と冠がつくだけでその期待も高まりますが
それに見事に答えてくれた国宝だったのですね
その大満足さは、お店にいた時間と見事に比例したことでしょう
うふふ・・・またひとつ、お気に入りのお店が増えましたねe-420

2012/11/25(日) 20:51:45 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『がっぱあやさま』

ハンガリー原産の希少な豚だそうで、風貌も毛むくじゃら、一見すると羊みたいです。2004年に国家遺産に指定されたという代物で、そんなに貴重なものを食べていいのかなと思うのですが・・・。絶滅危惧種にならないかぎり、いいのかな?肉の脂がうま味となるのか、おいしかったです。
パスタは今度はしっかり食べたいと思います。店舗の内装が若向きな感じで、ちょっと自分たちには不似合かなあと思いましたが、そんなことで気おくれしてなるものか。

2012/11/25(日) 22:34:11 | URL | [ 編集]

hashsh

『No title』

最近、テレビで食べる国宝の番組を見たので、どんなものなのか興味がありました。
国宝の名に恥じないお味だったのですね。
それにしても、食べる国宝なんて珍しいですね。
そんなもの食べてしまっていいのかなどと思いましたが、そこはやはりちゃんと管理されているんでしょうね。

2012/11/30(金) 21:49:31 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『hashshさま』

一瞬、国宝のものを食べていいのかと考えちゃいました。見た目も豚なのに毛むくじゃらで、生物学的にも珍しそうな感じです。
さすがに国家遺産に認定されているので、飼育、管理など国家の目が光っているそうです。今や世界中に出荷されているのですから、相当数育てられているのでしょうね。

2012/12/01(土) 20:49:48 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://kapparismk.blog83.fc2.com/tb.php/600-cb8ba72f
 |  HOME  |