ゆとりと詰め込み

今朝、ベトナムから帰ってきた。
実質現地では3泊という短さだったので、お土産を自由に選んで買う時間はなく、ツアーで連れて行かれた土産物屋でドカドカお菓子を何箱も買い、トランクの中身は菓子とコーヒーだらけ。

ベトナムと言えば、蓮茶も有名だが、今回は蓮茶のクッキーというものを買ってみた。
20121130hm0.jpg

開けてみると、ばらまき土産にもなる個別包装が嬉しい。
20121130hm1.jpg

あれれ、個別包装の袋の長さと箱の仕切りサイズがあわない。おさまりきれず端っこを裏に折って詰めている。
20121130hm2.jpg

もう少し袋を短くすればよかったのに。中のクッキーは小さいんだから・・・。
20121130hm3.jpg

ちょっとしたあげぞこで割高だと思いますが、味は良かったです。

2012/11/30(金) | お菓子 | トラックバック(0) | コメント(6)

«  |  HOME  |  »

がっぱあや

『No title』

あいや、ベトナムに行かれていたとはビックリですe-274
ベトナムといえばアオザイ・・・今回、コスプレタイムはなかったのでしょうか
そしてゆとりとつめこみ・クッキーが小さいゆえに生じるの小袋の中の空間=ゆとり
小袋の長さと箱のサイズの誤差ゆえに生じるもの=つめこみ
・・・といったところなのでしょうか
はて、蓮茶の香りが今思い出せなくて困っているのですが
紅茶のクッキーのように、香り高いようなかんじなのでしょうか
その手を伸ばす時のドキドキ感も、きっと美味しさにひと役買っているのでしょうね

2012/12/01(土) 21:16:05 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『がっぱあやさま』

2日目の夜はホテルのディナーで、ちょっとおしゃれをしましょうという企画だったのですが、アオザイのご年配の方々が何人も現れました。
そういえば、ツアーの添乗員さんが、ホテルで貸してくれるといっていましたが、その時は、アオザイなんて、スリムな人でないと体に合わないだろうからと思って聞き流してしまっていました。
ところがです、あんなに体にぴったりした服なのに、みんな、サイズがあっているではありませんか。おまけに、上衣はかなりスリットが入っているので、お腹の脇がみえるものなのですが、貸衣装の方は、スリットが上まであかず、下に履くズボンのウエストが腰の上の方まで来ているので肌が見えないようになっています。これなら私もやってみたかった。しまった!
がっぱあやさんも、機会があったら絶対にのがしてはなりませぬぞ!

ゆとりと詰め込み、まさにその通りなんですが、変なタイトルをつけちゃうと何かと思っちゃいますよねー。

2012/12/01(土) 21:44:16 | URL | [ 編集]

hashsh

『No title』

サイズが合わない箱に無理やり押し込んだところに、お国柄が表れているようで面白いですね~
見た目よりも味で勝負!
貸衣装のアオザイは、ちゃんと考えられているんですね。
これなら、年々サイズが合わない服が家に増えつつある大家(妻)でも、着ることができるかも・・・?

2012/12/02(日) 11:13:29 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『hashshさま』

外国特にアジアのものって、なんか大ざっぱです。
サイズが合わない体を無理に服に詰め込むということはベトナムのアオザイではできそうもありませんでしたので、今回は一考だにしなかったのですが・・・。痩せている人ばかりでもなかったのに、みなさんお腹はでていなかったのかなあ。今後このようなことがあるなら、体形補正下着でも買い込んでから行きますか。それにしても脇腹見せがなかったのは、着る方にも見る方にもよかったです!

2012/12/02(日) 20:04:05 | URL | [ 編集]

ワンとも

『No title』

ベトナムに行かれていたんですね。
これからの記事が楽しみです。
ベトナムは蓮茶が有名なんですか。知らなかった。
今度、輸入品店で見かけたら買って飲んでみようかな。
袋が妙に大きいのはこの袋の原価が安かったからとか(笑)

2012/12/05(水) 22:13:14 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『ワンともさま』

なんといっても今回は短いうえ、コンサートを聴くという目的のツアーだったので自由時間もあまりなく、大好きな地元のスーパーマーケットに寄れなくて残念無念でした。
移動の途中のお土産物屋で購入しましたが、こんなお菓子が6ドルもするのは、現地の物価からしてありえない!
前にホーチミンに行ったときは、スーパーでフォーのスープの素とか生春巻きの皮とかお茶とか、バコバコ買ってこれたのですが、観光客向けの土産物店ではそんなものもありませんでした。まあ、観光客はお金を落とすのが義務みたいなもの。仕方ないですね。

2012/12/06(木) 23:13:28 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://kapparismk.blog83.fc2.com/tb.php/601-3765cdb8
 |  HOME  |