ラデュレ劇場 バレンタイン2013

今年のラデュレ劇場は・・・。

201302rd8.jpg

面白い!

201302rd13.jpg

二つに分かれているけど、合わせるとルリジューの形なの。ルリジューは、シュー・クリームを大小二つ重ねたようなお菓子です。修道女って意味なんだって。

201302rd12.jpg

表面は薄いチョコレート。台紙からはがして割ってみると、中には小さなシュー・クリームがたくさん!

201302rd17.jpg

芸が細かいことに、こんなに小さいシューなのに、ちゃんとクリームがはいっています。

201302rd14.jpg

ピンクのチョコから出てくるのはローズティー、茶色のチョコから出てくるのはリキュール(コニャック)入りの、それぞれ違う味のシュー・クリームです。

201302rd.jpg

可愛くて、おいしくて、意外性も楽しめるというお菓子。おーの評価はもちろん☆三つです。

2013/02/13(水) | お菓子 | トラックバック(0) | コメント(5)

«  |  HOME  |  »

がっぱあや

『No title』

ジャジャジャジャ~ンという音楽と共に、お菓子の向こう側には
みにみに探検隊の姿が!
これから始まる厳かな儀式に、ちょっと緊張気味!?
そして生まれたるは、みにみにシュークリーム
一体どこから出てきたの~と何度も画面を確認しちゃいました
う~ん、芸が細かいというか技が細かいというか・・・
おーちゃんも納得の芸術品のようなスイーツ
この聖なる(!?)バレンタインデーの日にピッタリ・・・ですね
あ、毎日がバレンタインデーだったらいいのに~
な~んて声が聞えてきたような・・・e-274

2013/02/14(木) 21:28:48 | URL | [ 編集]

カッパーマン

『No title』

まぁるいお目目と、ポムポムしたおててが可愛いおーちゃんが、
☆三つ!というお菓子、さすがですね。
みにみに探検隊と並んだら、ほんとにちっちゃいんだ!というのがわかります。
ひとつひとつ、大事に食べたいですね☆

2013/02/15(金) 18:16:00 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『otto motto』

がっぱあやさま
買った時はスポンジか何かにチョコがかかっているのかと思っていたのですが、パカっとわれたら中は空洞。あれ、何か入ってる・・・?ミニシュー?!
ここまできて、そういえばラデュレのホームページで見たおぼえがあると気が付きました。今年は、バレンタイン用のマカロンは出ていたけど、チョコレートは出ていないんだなあと思って見逃していました。なんたる失態。
ああ、そしてこれは限定品なのが本当に残念。毎日がバレンタインデーならと、おーとおんなじ気もちになりました。

カッパーマンさま
みにみにたちの顔くらいの大きさですから、本当に小さくてかわいいシュークリームです。何でクリームを中に入れたんだろう?注射器???と思うほど。
日持ちは当日限りと言われたし、たまにはこんな贅沢もいいかと思って食べ始めると、もうどうにも止まらない。夢中で食べちゃいました。あっという間にごちそうさま。おいしかったー。もっと食べたいのですが、もう売っていないんでしょうねi-241

2013/02/15(金) 22:56:57 | URL | [ 編集]

須藤京一。

『おお♪』

美味しいのは当然としても、
見た目の美しさも大きな要素ですよね。
いつもチョイスされるスウィーツのセンスの良さに脱帽です!(^-^)/

・・・でも、二枚目の画像に思わず噴き出しました。
こういうユーモアが大好きです。

因みに、今日所用あって家族で出かけたのですが、
娘がエボすけに持ち込んだのが、
同じかっぱの抱き枕(かな?)。

うーん。比べてみると須藤家のかっぱは、
かな~りヘタってますなぁ。。
日々の美味しいスウィーツの御馳走が、
肌艶の元なのかも!!(⌒▽⌒)

2013/02/17(日) 00:45:28 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『須藤京一さま』

今回は誰の発案なんでしょう、あんなお菓子初めて見ました。瓢箪から駒とでもいうんでしょうか。(形から言えば瓢箪みたいでした・・・)
我が家の長女のおーは、抱っこする回数も多く、丸ごと洗ったりもしたせいか、へたりがはやかったです。綿を足しましたが、おかげで重たくなりました。なんとなくいつもくちばしが汚れているので、絶対、見ていない時にスイーツをツマミ食いしているに違いない。甘いものを摂りすぎると老化が速いとか・・・。須藤さんのおうちのかっぱちゃん、大丈夫ですか?

2013/02/17(日) 13:44:39 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://kapparismk.blog83.fc2.com/tb.php/614-3ff43daf
 |  HOME  |