ドミカツ丼

あれ? みゅうからメールだ。今朝早く、ママと出かけたってパパが言ってたけど。なになに・・・「てん兄へ。 今、みゅうは、ママと、岡山で、かつ丼食べてるの。」だって?

げ、みゅう、ずるーい!!それで、こっそり出かけたんだな!
201303mo.jpg

「ご当地岡山の、野村というお店で始めたドミグラスソースをかけたかつ丼、『ドミカツ』っていうのよ。岡山名物なんだって。」
201303mo1.jpg

「トンカツの上にたっぷりドミグラスソースがかかってる。」
201303mo2.jpg

「ゆでたキャベツがカツの下に敷いてあるの。ソースが濃厚な味なので、ご飯とキャベツもソースでたべられるよ。おいしそうでしょ?」
201303mo3.jpg

ママったら、ひどいよ!どうして僕も連れてってくれなかったんだよー。みゅうの奴、ただじゃおかないぞ!

「てんちゃんに、ママから追伸
てん兄と一緒に食べたら、もっとおいしかっただろうなあって、みゅうが言っていましたよ。」

ま、いいか。ここはひとつ兄として器の大きいところを示して、返事には「楽しんでおいで」と・・・・。送信!

2013/03/08(金) | 食べ物 | トラックバック(0) | コメント(6)

«  |  HOME  |  »

須藤京一。

『岡山っ!』

岡山には親戚が住んでおり、
マスカット、ピオーネ、白桃など、
良く贈ってもらいますが、
その美味さにいつもお返しの品に苦慮してます。
(だって、埼玉ったら。。。(; ̄ー ̄A アセアセ・・・ )
果物はもちろん、神戸も近いので牛肉も、、、
と思いきや、
ああ、庶民の味方のトンカツまで!!

たっぷりとデミグラスソースのかかったトンカツはもちろん、
その下にある透き通ったキャベツの甘みがたっぷりと、
画像からも感じられます。

炊き立てご飯と柔らかなキャベツ、
揚げたてトンカツにコクのあるデミソース。。
ほらまた、深夜に目の毒だってば。(^▽^;)
ご馳走様でした~♪

2013/03/10(日) 23:31:52 | URL | [ 編集]

がっぱあや

『No title』

見かけは名古屋の味噌カツのようですが
岡山ではドミソースがかかっているとは・・・驚きです
いやぁ、カツ丼ひとつとっても全国各地で
違いがあって面白いですね
そして、てん兄ちゃんの地団太を踏む様子が手にとるよう
でも最後にはきっちりと兄さんらしさで〆e-266
よぉし、てん兄ちゃん!ここは一念発起して
パパと『カツ丼を巡る旅』に出るってのはどうかしらん~

2013/03/11(月) 08:10:00 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『須藤京一さま』

我が家もかつて岡山に知り合いがいたはずなのですが、引っ越したのか祖母の親戚だったので、祖母の死後は交流もなくなりました。桃とマスカット・アレキサンドリアは、私も送ってほしい!
岡山町おこしで、5年くらい前から、フルーツパフェの街というのを企画したのだそうです。そのうち、写真をアップしますね。

2013/03/11(月) 21:59:47 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『がっぱあやさま』

みゅうは「とんかつ食べに行ってきま~す」と置手紙してっちゃおと言っていたのですが、それはちょっとかわいそうだよと言ってやめさせました。ママの目的が美術展だったので、大きい子は連れていけなかったのです。ごめんね、てんちゃん。鑑賞中、ロッカーに預けるのもなんだかいやなので・・・・。
パパに頼んで名古屋に味噌カツでも食べに行かせましょうか・・・。でも名古屋に用事はないなあ。

2013/03/11(月) 22:07:52 | URL | [ 編集]

カッパーマン

『』

これはもう、トンカツ大好きなてんちゃんが、
手足をバタバタさせちゃいそうな写真ですね!
「ドミカツ丼」、はじめて知りました。
ウスターソースにデミソース、みそ、卵とじ、
トンカツは何をかけても美味しそうです。

2013/03/12(火) 14:08:44 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『カッパーマンさま』

よっぽど食べたかったんでしょうね。わかってはいたのですが、連れてゆくのも無理だったので、早朝こっそり出かけました。
今度とんかつが名物の場所に行くときはかならずてんを連れて行くからってなだめました。このおみせには、ドミグラと卵とじの小さいどんぶりが2つ付くものもありました。

2013/03/12(火) 21:14:26 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://kapparismk.blog83.fc2.com/tb.php/617-96ca27d4
 |  HOME  |