愛欲地獄

201307vbb.jpg 7月某日、四谷の坊主バーに行って参りました。 
  
       201307v0.jpg
女3人、それぞれカクテルを注文。左より、愛欲地獄、無間地獄、沙羅双樹です。

201307vb3.jpg
おやおや、だあれも極楽浄土をたのんでいない。

201307vb5.jpg
更に漢字の当て字。古庵徒労、腐乱墓亜図、なんだか口に入れるものとは思えないですが・・・。

201307vb6.jpg
お豆腐、麩の胡麻炒めなど、食べ物は精進で健康的です。どれも千円以下で、おてごろ。仕上げはとろろ粥で、これも、うす味ながら、深みのあるお味でした。

暗いところですから写真もうまくは撮れませんでしたが、店内の写真撮影はOK。お坊様も一緒に写ってくださいました。説法あり、読経あり、声をかければ気さくにお話もしてくれる、邪魔されることなく静かにただ飲むもよしと、妙に落ち着けるふしぎな空間でございました。

2013/07/07(日) | 外食日記 | トラックバック(0) | コメント(7)

«  |  HOME  |  »

がっぱあや

『No title』

あいや・・・これまた興味がそそられる場所ですこと
こちらは坊主殿が接待!?して下さるのでしょうか
イケメンの坊主殿が勢ぞろいしているとかe-268
ありがたい説法をBGMに下戸かっぱは蚊苦手留ではなく
腐乱墓亜図のスイーツでも頂きたいところですe-274
(こりゃばちが当たりそう!?)

2013/07/07(日) 21:28:47 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『がっぱあやさま』

本物のお坊さんがカクテルのシェイカーをふるってくれるんですよ。私たちが行ったときはお目にかかれませんでしたが、かつての美坊主図鑑にのった人もいるとか。でもどんなイケメンでも厳しい修行を積んだお坊さんですから、こちらも邪念なく、ありがたくお話を聴くことができるわけです。
ソフトドリンクも、もちろんありますので、ご安心ください。

2013/07/07(日) 21:43:54 | URL | [ 編集]

須藤京一。

『お坊さんのバー!』

お盆の時は臨時休業かもですね。笑

私の知っているお寺で、
以前ご本尊を拝見する為に本堂にいれて頂いたら、
隣の部屋にエレキギターとドラムのセットがありました。笑
住職は、元はIT会社にお勤めだったとかで、
結婚してから仏門に入ったと聞きました。
こちらのお坊様達もバンドを組んでおられるようですね。( ^-^)b

私の固定観念では、
『お坊さん=住職の跡取り・生涯独身・禁酒・禁肉』
でしたが、そこまで厳格にとは思いませんでしたが、
ま、まさかお坊さんのバーがあるとは!!ヽ((◎д◎ ))ゝヒョエ~

でも極楽浄土とか四苦八苦とかのお話を聞くと、
気持ち癒されるかもしれませんね。(´∀`)

2013/07/08(月) 18:24:51 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『須藤京一さま』

はい、牧師様のバンドと共同ライブをやっていたようで、そちらも興味がございましたが、牧師様の方は水商売はさすがにやらないようですね。祭壇や告解室があるバーはないもんかね~。あったら絶対いっちゃうよ!!
僧侶と水商売・・・というのは結びつかない。一緒に行った人が、お坊さんに根掘り葉掘り、どんな人がやってるんですか、どこのお寺から来てるんですか、など聞いていましたが、嫌な顔せずきちんと答えてくれました。教えに反さないんですか?罪悪感ないですか?とか罪にならないんですか?とは聞きませんでしたけどね。

2013/07/08(月) 23:35:08 | URL | [ 編集]

須藤京一。

『牧師様とバンド!!』

なんかそれ、『聖☆おにいさん』を地で行ってますね!笑
(ご存知かもしれませんが、
 ブッダとキリストが東京の立川のアパートで共同生活をしているという、
 かなり笑える漫画です。娘から聞いて私も全巻買ってます。笑)

もともと『般若水』とか『兎は一羽』何ていう世界でもありますから、
法律に反していることでなければ、
逆に『仏教に親しみやすい場』という事で、
割り切っているのかもしれませんね。
(ただ、そんなに時間があるのかな~?)

しかし、バンドはエレキギターじゃなくて、
琵琶でやって欲しいかも。笑

それにしても面白いバーをよく見つけられましたね!
(´∀`)

2013/07/09(火) 00:43:52 | URL | [ 編集]

hashsh

『No title』

お坊さんとバー、全く関係なさそうなものが一緒になっているお店、面白そうです。
漢字ばかりのメニューは、お経みたいですね。
読み上げたら、ご利益がありそう(?)
仏教をモチーフにしたお店というのではなくて、本当にお坊さんがやっているんですね!

2013/07/09(火) 19:41:11 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『No title』

須藤京一さま
ここ20年以上マンガというものはあまり読んでいませんが、ちょっとそそられるかも。須藤さんはお子さんがいるので若い人と情報交換ができてうらやましい。
まあ、夜は檀家めぐりもないでしょうから、余暇を利用してといったところなんでしょうか。毎日必ず顔を出せるわけではないようです。
ありがた~いおはなしがきけそうで、また行きたいです。

hashshさま
宗派は実家に来てくれるお寺さんとは違いますが、読経してもらえると、ありがたみを感じますね。
悟りが開けない俗人ですが、一時だけでも煩悩から解放されてただ飲む(それもまた欲望ですが)のもいいものです。

2013/07/09(火) 20:25:01 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://kapparismk.blog83.fc2.com/tb.php/640-2ba6183a
 |  HOME  |