タルト・タタン風

リンゴの季節になった。
そのままかじるのが一番だけど、ちょっと日が経ってしまったものは煮たり焼いたりして使います。

201312tt2.jpg

リンゴが焦げて鍋にくっついた失敗から生まれたというリンゴのパイ「タルト・タタン」なら、私でもできそうと思ってやってみました。手っ取り早くいうと、キャラメルを敷いた器にりんごを並べて焼き、さらにパイをかぶせて焼くというのが作り方。あとは食べるときには、ひっくり返すのがお約束。冷凍パイシートで、お手軽にできました。

201312tt3.jpg

本当はもっとキャラメルを焦がして、苦めに作るようです。もう一つ小さなココットでつくったものは苦く、かつ上がキャラメルとリンゴの果汁が固まりゼリーのようになっていました。後者の方が本来のタルト・タタンというものに近いのでしょう。

2013/12/14(土) | お菓子 | トラックバック(0) | コメント(4)

«  |  HOME  |  »

須藤京一。

『(〃^¬^〃)じゅる。。』

どこぞのケーキかと思いました。
夫婦ともかっぱさんの手造りですか!
飴色に光ったリンゴが美味しそうですね。
リンゴのフィリングのケーキは大好きです。
あ~、私も作って見たくなりました。(^-^)

2013/12/16(月) 22:27:09 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『須藤京一さま』

冷凍パイシートさえあれば、かんたんですよー。バターと砂糖でカラメル作ったら器に入れ、あとはリンゴのせてオーブンにぶちこみ1時間あまり。時間はかかるけど手間いらず。もし残りのちょいぼけリンゴがあったら、ぜひこれに!
見た目が豚角煮に見えますが、リンゴです。

2013/12/17(火) 00:11:44 | URL | [ 編集]

須藤京一。

『まったくもー。笑』

>見た目が豚角煮に見えますが
コメント欄から見上げて行ったので、
そう書かれていたので、
ほんとに豚の角煮に見えちゃったじゃないですかー。笑

あの皮のところのプリッとしたゼラチン質。
醤油の染み込んだ柔らかい肉質。。
ああ、ご飯が食べたい。。
・・・と思ってさらに上にスクロールすると、
脳みそが味覚異常に陥りました。(≧▽≦)
まったくもー。夫婦ともかっぱさんったら、お茶目♪

2013/12/18(水) 18:38:33 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『須藤京一さま』

台北の故宮博物館の名品で、豚の角煮そっくりの石をご覧になったことありませんか?石とは思えぬその姿には垂涎もんです。
天然にできたものとしては、よくここまで似ているものだとは思いますが、美術品としての価値はあるんでしょうかねえ。

2013/12/21(土) 21:21:54 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://kapparismk.blog83.fc2.com/tb.php/664-4de92738
 |  HOME  |