パブロヴァ

先週、麻布の「WAKANUI」という変わった名前のレストランに行ってきました。
       20140516w1.jpg
フランスワインつきの一本をまずガブリ。焼け方は、周りがカリッと、中はジューシーで申し分なし!

20140516w2.jpg
つぎは牛肉。赤身で上品な味です。いっぱいサイドディッシュをたのんで一皿にのっけてみました。ハーブを使ったピラフがとても美味しかったです。

20140516w3.jpg
聞いたことがない、「パブロヴァ」というデザートです。名前はロシアや東欧圏のような名前なのに、ニュージーランドやオーストラリアでよくあるものなのだそうです。重ねたメレンゲにクリームをたっぷりかけ、フルーツをそえたもので、メレンゲとクリームを合わせた、さくっ・ねちゃ・ふわっの食感が美味しかったです。



2014/05/21(水) | 外食日記 | トラックバック(0) | コメント(6)

«  |  HOME  |  »

須藤京一。

『食べたい。。(T▽T)』

『パブロヴァ』。
私も初めて聞きました。
(→とか言ってそんなにデザートに詳しくないですが。笑)
『果物と生クリームで満たされたメレンゲベースかカップから成るデザート』と、
ネットでは説明されていました。
うっうっ。。
コーンフレークで増量されたパフェの口当たりの悪さに、
最近辟易している身からしてみれば、
メレンゲと生クリームなんて、
深夜にもかかわらず胃の腑が泣きだします。(笑)
(→メレンゲ菓子といえば、
成城石井で売ってたガデスキ社の奴に感激した記憶が。。
ってそれ以外めったに見かけませんが。)

絵に描いた様な美しいラムチョップ。
食通の夫婦ともかっぱさんが納得のお店は、
そんなに古くもないのに良心的な営業スタイルのようですね。
是非機会を見つけて私も行ってみたいです。(^-^)/

2014/05/23(金) 00:58:27 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『須藤京一さま』

須藤さんって、コーンフレークで増量されたパフェなんか、めしあがるんですか???あの味は、いっくらで~も食べられた学生の頃の記憶。タワーのようなパフェがありましたっけ。私は洗面器大の大きさの蜜まめの方が食べたかったのですが。
デザートも数人でシェアしたのですが、メレンゲは激甘なものが多いから、パブロヴァは好きでないかもなあと思い、手を出すのをためらっていました。食べてみると、クリームが甘くないので、とても美味しくいただけました。初のオセアニアのデザートを食せて、いい経験でした。
ラムは、あとで大きい塊のものを分けて食べましたが、調理法が違い、最初に食べたものの方が好きでした。
WAKANUIは、ニュージーランドの国策企業が母体だった食肉販売の会社の系列のレストランらしいです。ワインもオセアニアものが主流でした。

2014/05/24(土) 15:36:37 | URL | [ 編集]

ワンとも

『No title』

最近、お肉は霜降りより赤身の方が良くなってきました。
霜降りも美味しいんですけどすぐクドくなっちゃうんですよね。
胃が年取ってきたんでしょうか。
でも一番気になるのはハーブのピラフ(〃∇〃)
パブロヴァ・・・パブロフの女性形みたい。
最後のねちゃがポイントっぽいデザートですね。

2014/05/24(土) 22:31:26 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『ワンともさま』

赤身でも、これだけジューシーでやわらかければいいかなと思いました。ただ、ニュージーランドの牛肉を食べに行っているのに、お店に申し訳ない感想ながら、和牛がいいなあと思ってしまったのでした。霜降りは多量には食べられなくなりましたが(胃袋も財布も)、適当に脂もあるのは和牛なのかなあと・・・。

香り米を使ったハーブライスはこの店でもおすすめのようです。一人で行ったのなら、。肉は羊だけにして、ピラフを一皿食べたいです。

デザートはやっぱりパブロヴァでしょうか。バレリーナのアンナ・パブロワの名前から来ているとの説もあるようですが、なぜだかは知りません。

2014/05/25(日) 20:08:33 | URL | [ 編集]

がっぱあや

『No title』

まさに優等生のような形をしたラムチョップ
あぁ、両手に持って(ということは2本!?)かぶりつきたい~
さらに美味しいワインと頂けば美味しさもふくらむことでしょう
そしてこの何度聞いても発音が難しいデザート
この異なる食感を楽しむものなのですね
ハッ・・・もしかしてもしかすると・・・
これはバレリーナのチュチュをイメージしていたりしてe-274

2014/05/25(日) 20:26:00 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『がっぱあやさま』

晩年のアンナパブロワは瀕死の白鳥の死にそうなイメージですけど、チュチュのイメージだと、白くて繊細でぴったりかも。
現地では、こんなにきれいにできていないものもあるようです。日本のお店でも食べられるところがあるらしいので、試してみたいです。おーを連れて。

2014/05/27(火) 22:33:31 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://kapparismk.blog83.fc2.com/tb.php/689-4dd6d41e
 |  HOME  |