金沢、旅の食事①

金沢に着いた日の夕食はホテルの近くの割烹で。

つきだし 帆立の緑酢和え
20140630t1.jpg

前菜 能登牛ローストビーフ
20140630t2.jpg

造り うに、ひらまさ、たこ、ばいがい、八目、甘海老
20140630t3.jpg

焼き物 のどくろ塩焼き  煮物 茄子のオランダ炊き合わせ
20140630t4.jpg

お待ちかねの、のど黒。お皿のトランプ柄が面白いね。
20140630t6.jpg

葉っぱの下に入ってたよ。一度揚げてから煮るのをオランダ煮っていうんだって。
20140630t5.jpg

酢物 地物毛ガニ 
20140630t7.jpg

揚物 ふぐ白子天ぷら
20140630t8.jpg

強肴 じゅんさい岩もずく
20140630t9.jpg

食事 豚角煮そば
20140630t10.jpg

デザート キウイ、マンゴゼリー
20140630t12.jpg

和食器だけでなく各国の器をあわせたり、日本の食材だけど西洋ハーブと合わせたり、ひと品ごとに楽しい驚きのあるお料理でした。

2014/07/12(土) | | トラックバック(0) | コメント(7)

«  |  HOME  |  »

須藤京一。

『目で食す。』

お料理もさることながら、
器のバラエティーさに目を見張ります。

生葉の盛り付けをみると、
お客様を大切に思う気持ちを感じます。

料理って、
『味覚』『視覚』『嗅覚』『触覚』。。
それぞれが複雑にまじりあって味わうものですもんね。
P.S.
因みにこのお店、『板前レンジャー』で、
『ナニコレ珍百景』に取り上げられたとか!
トップはイエローだそうで、
ああ、エボすけと同色。ヽ(^o^)丿ワーイ。

2014/07/13(日) 10:35:17 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『須藤京一さま』

5レンジャーは、個室に入れられてしまったので、見られませんでした。行ったのが6時半だったか割と早めだったので、スタンバイがまだだったかもしれません。
さすが検索マスターの須藤さん、「たけし」さんを見つけてしまうとは。お店は、行く前に某銀行の顧客向けサービスで予約手配をしてくれるという店の中に入っていました。地味な平日だから予約も取れそうなので、当日、現地についてから電話しました。さっぱりと、きりりとしまったお味もさることながら、赤いガラス鉢と緑色の酢であえた白い帆立の取り合わせは、一品目から後のお料理を期待させるものでした。
二人だったのに個室(隔離病棟か?)に入れていただいたので、かっぱの子どもたちも席があり、ゆったりのんびり食事しました。
それにしても目でたべることができれば、太らないだろうにねえ。

2014/07/13(日) 20:18:30 | URL | [ 編集]

カッパーマン

『No title』

かいちゃん、るかちゃんも、ゆっくり座って、
いろんなお料理を楽しめたんですネ。
ほんとに、器と盛り付けの美しさが素晴らしいです。
トランプ柄のお皿だなんて、面白くて、お魚が小さいとか忘れそうです。
岩もずくが入ってるセットは、阪神タイガースみたいで凄い!
揚げ物にくっついているカニさんは、もしや本物でしょうか?

2014/07/13(日) 22:03:23 | URL | [ 編集]

がっぱあや

『No title』

私も目でも美味しく食べたい派なので
このようなもてなしを受けるとそれだけで
血糖値が・・・否、興奮度が振り切れそうになります
しかし、ひとつひとつのお皿をとってみても
家では絶対に使えないというか、浮いてしまいそうなお皿も
このようなプロの料理人にかかると、しっくりくるようになるのは
さすが・・・というほかないですね
トランプ柄を前にしていると、アリスお嬢様がお食事を
なさっているみたいe-266
個人的にはジュンサイの入ったカップとソーサーが気になりますが
これを作った人は、まさかこれにジュンサイが入るようになるとは
夢にも思わなかったことでしょう
そんな、枠にとらわれない自由な心が
料理の幅を広げ、美味しさの幅も広がっていくのでしょうねe-274

2014/07/13(日) 22:10:21 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『No title』

カッパーマンさま
なんで二人と言って予約したのに4人席なんだろう。子供たちが一緒なのをわかっていたのかしら???
子どもたちは、着席していたら、給仕のおねえさんが、このかわいい子ちゃんたちのお飲み物はお水でいいかしらと聞いてくれたのが嬉しかったみたいです。
トランプ柄とお魚の色があっていたから、お魚の小ささも忘れていました。のどくろは頼んでコースに組み込んでもらったもの。確かに小さい切り身だったけど、脂がのっていて、塩焼きでさっぱりいただくのにちょうどよい大きさでした。小さなかには本物です。そのまま食べられました。磯遊びをしていると、このくらいのかにが横歩きしていましたよね。

がっぱあやさま
ジュンサイのお皿はドイツ製でした。私も気になって、お皿の裏を見て確認してしまいました。ちなみに、揚げ物のお皿は、パリの絵が描いてあり、フランス製でした。
料理に、洋風の香草が使われているのも、面白かったです。
豚角煮そばは、そーきそばか、中華街でよくあるトンポーローのせラーメンを想像していたら、日本そばでした。それまでは、おなかも苦しくなかったのですが、最後のそばを食べたら、おなかいっぱい!

2014/07/13(日) 23:32:55 | URL | [ 編集]

hashsh

『No title』

お料理だけでもおいしそうなのに、器がそれに輪をかけておいしそうに見せていますね。
揚げ物やじゅんさいの器のデザインって、日本の感覚とは違う感じがありますね。
日本人だと、もう少しシンプルで落ち着いたデザインになりそう。

2014/07/15(火) 19:29:35 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『hashshさま』

ジュンサイの器は、コーヒーカップなんでしょうが、それにしても形も色も柄も奇抜です。     
レストランでも、白いシンプルなお皿を選んでいる上品なお店もありますが、こんな変わった食器で出てくるのも、遊び心たっぷりでわくわくしますね。

2014/07/15(火) 22:33:12 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://kapparismk.blog83.fc2.com/tb.php/698-7a0f79e5
 |  HOME  |