金沢、旅の食事④

さすがに、和食と言えど、続くと食べ疲れをおこします。
暑い暑い城跡、兼六園を見学し、涼しいところに入りたくなってデパートへ。

その中に、滞在中に一回は行きたいと思っていた有名なお麩のお店、不室屋のカフェが入っていました。この先、お茶を飲む時間が取れるかどうかわからないし、重たいものは食べたくなかったので、食事はやめておやつに方針変更にしました。

20140702f0.jpg
かっぱ♂は、生麩入りのクリームあんみつを注文しました。グルテンの歯応え確かな白玉風生麩と、お雑煮などに入る花の形の生麩がはいっていました。

20140702f1.jpg
かっぱ♀は、ガイドブックで見た「不室屋パフェ」を注文。麩焼きせんべいや麩のお団子、湯葉おからのサクサク食感のスポンジケーキ、豆乳アイスなどが入った和スイーツになっています。黒蜜をかけていっただーきまーす!

20140702f3.jpg
帰りには、麩の最中に具がたっぷり入った「宝の麩」を買って帰りました。お湯を最中にかけると、とけて具が出てきて、豪華なみそ汁または吸い物になります。普段はお高くて、人から頂かないと食べられないのですが、こちらではばら売りしているので気軽に買えます。これは帰宅後のお楽しみ♥




2014/07/17(木) | | トラックバック(0) | コメント(3)

«  |  HOME  |  »

がっぱあや

『No title』

今回の金沢食紀行・・・目で十分に楽しませて頂いております
旅に出ると一番の楽しみは食べること
それがそこでしか食べられないものであれば、なおよし~e-400
旅館の美味しい和のお食事ももちろん心そそられますが
やっぱり甘味もねe-343
これはこれは、なにか教科書に載ってそうな正統派あんみつ!
本格的な生麩って頂いたことが無い(はず)ですので
とっても興味をそそられます
麩といっても生だったりお煎餅状だったり最中のようだったりと
色々形態があるのですね
『宝の麩』・・・これは旅が終了した後でも楽しめる
素敵なお土産となってくれたことでしょう
これでお留守番役だったかっぱさんたちも、一気に
旅に出てた気分になれたかも~e-353

2014/07/18(金) 21:00:00 | URL | [ 編集]

hashsh

『No title』

金沢に行ったのはもう15年以上前で、当時はあっちこっち見て回るのでいっぱいっぱいで、食べ物にまで気が回りませんでした。
久しぶりに今度は気持ちにゆとりを持って行きたくなりました。

2014/07/18(金) 22:33:04 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『No title』

がっぱあやさま
麩饅頭とか生麩の田楽とか、見ると気になるかっぱ♀です。京都に行ったらお麩の料理を一回は食べます。
金沢は、見目麗しい和食に加え、麩だの友禅だのお茶屋さんだの茶道用の和菓子だの、武家の町ながら、京都の様な雅な感じがありました。


hashshさま
初めて行ったのに、観光よりも、ひたすら食べていた気がします。当たり前ながら観光地だってビジネスアワーがありますから、見るところは5時にしまっちゃうんで。
外は暑くて、真夏の兼六園では、かっぱ親子とも干からびちゃいました。ああ池に飛び込みたかった!
来年は新幹線で行けますよ。ゆったりとお出かけになっては?

2014/07/19(土) 15:48:16 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://kapparismk.blog83.fc2.com/tb.php/702-cd1f252b
 |  HOME  |