金沢、21世紀美術館で遊ぶ

現代美術は苦手だけれど、ここは行ってみたいと思っていたのが、金沢の21世紀美術館です。

20140703m0.jpg
まずは、円形の建物、その周辺にあるオブジェからして作品です。

20140703m1.jpg
常設展は写真は禁止ですが、今夏の特設展のレアンドロ・エリックの作品は作者の協力で写真撮影可能とのこと。最初の作品「見えない庭」では、お庭は目立たぬように4分の一ずつ両面鏡で仕切られており、それぞれ、花の色や草の種類などの造りが違っています。見る人が立つ場所によって、目の前にあるデザインの庭が鏡に映り、全体にひろがっているかのように見える仕組みです。そんなわけで、写真を撮るママとるかが向こう側に映っています。

20140703m22yy.jpg
これはエレベーターに乗ってみると、横の壁の一部がぬけていて、横にずらりとエレベーターが並んでいるというもの。どのエレベーターにのっても、鏡が用いられているので、お隣のエレベーターに乗った見学者や自分も、沢山出現。

20140703m3.jpg
楽器がガラスの向こうにつり下げられており、ガラス手前の椅子に着席して手振りを付けると、ガラスに映る自分の姿は楽器を弾いているように見えます。被写体のすこし手前から、被写体とガラスに映る姿を一緒に写真に撮ると面白いです。

20140703m4.jpg
さて、いよいよ、特別展の作家の作品で、常設展のコレクションになっている「スイミング・プール」です。プールの底に人がいる?!この美術館で一番人気ではないかと思います。

20140703m7.jpg
プールの底は、展示室に戻って、脇の階段を降りて、廊下を歩いた先。「なるほどこうなっているのか」と確認したら、こんどは上に戻ってみたくなります。

20140703m10a.jpg
「おーい、わかる?」 「うーん、そっちからも見える?」なんて、プールの上下を行き来して遊んじゃいました。

今回は、特設展の企画が参加型だったので、こんなに楽しめたのでしょう。実際に、いろいろなところで作品の中に自分たちを置いて、写真を撮りあう人たちをたくさん見かけました。著作権の問題もあるのに、見る人に、こんな作品の楽しませ方を提示している作家はすごいなあと思いました。

2014/07/21(月) | | トラックバック(0) | コメント(6)

«  |  HOME  |  »

カッパーマン

『No title』

21世紀美術館、かっぱちゃんたちも喜ぶいろんな展示があったんですね。
写真のすみっこに、ホワンと写っている、るかちゃん、
なんとも不思議な感じがします。
プールは、ほんとに面白いですネ!
我が家のカッパーマンたちを連れて行ったら、
上に行ったり下に降りたり、おおはしゃぎしそうです。

2014/07/21(月) 21:38:12 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『カッパーマンさま』

かっぱですが、るかもかいも泳げません。プールの底なんていけないよ、と言っていましたがこのプールなら大丈夫!
上下で、声は届きませんが、なんとなく姿は認識できます。楽しい展示でした。プールは常設でいつでも見ることができるので、訪ねてみてください。

2014/07/21(月) 22:08:05 | URL | [ 編集]

がっぱあや

『No title』

ここはかっぱ連れで行くと大変なことになりそうな・・・
手があと4本欲しい~とか言いながら、かっぱ共々
大興奮状態に陥ること間違いナ~シe-281
美術館ってよほど好きなものの展示でないと
近寄ることもしないのですが、このような体験型だと
頭だけでなく体で感じることも出来るので
かっぱの情操教育にももってこいe-343
しかし、あのエレベーターにしてもコントラバスにしても
仕組みを理解するのにいちいち時間がかかりそう・・・
よって、ここはタップリの時間をとって訪問するのがよかですねe-274

2014/07/22(火) 07:08:40 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『がっぱあやさま』

かっぱ連れで行くと、写真撮り専門部隊が必要です。ちょっと離れて撮ってもらわないと・・・。自分で撮るとなかなかうまくいかないんですよ。
今回は企画展がよかったのでとっても楽しめました。よく観光地にある、マジックアートみたいな感じでしたよ。
なんにせよ、可愛い子どもたちの写真が取れないとつまんない、親ばかっぱです。

2014/07/22(火) 22:12:27 | URL | [ 編集]

hashsh

『No title』

ただ単に観るだけではなくて、こんな風に体験できるのは面白いですね。
写真を撮りすぎてしまいそうです。
本当のお水では泳ぐのが難しいかっぱの子たちも、このプールなら気分だけでも味わえそうですね~

2014/07/24(木) 20:39:07 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『hashshさま』

バッテリーが少ないので、なるべくとらないようにしていましたが、ついにプールのところで写せなくなりました。携帯電話(スマホじゃないから画像が悪いんですが)を持ち出し、それでも撮る撮る!
美術館の楽しみかたもいろいろですが、やっぱり写真は撮れる方がいいです。後で何を見たかわかりますし。

2014/07/24(木) 22:52:56 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://kapparismk.blog83.fc2.com/tb.php/705-3b4709ed
 |  HOME  |