ホイアン 夢の宵

ランタン祭りは旧暦の14日に行われる。月明かりの下で電気をけして、ランタンの灯をともすという祭りにあわせて、ベトナムの古都ホイアンを訪ねた。

20141205h8.jpg
町のランタンがともる。

20141205h7.jpg
お店の前では火をおこし、供え物を置いている。

20141205h.jpg
川端では紙の灯篭が売られている。

20141205h1.jpg
見ていると、観光客も、売り子から灯篭を買って、長い棒を使って川に浮かべている。

20141205h3.jpg
ゆっくりと流れてゆく。

20141205h2.jpg
水面が揺れると、それもまた、きれいだ。

2014/12/09(火) | | トラックバック(0) | コメント(4)

«  |  HOME  |  »

がっぱあや

『No title』

ランタン祭りというと、2月に長崎で行われる
ランタン祭りが浮かぶのですが
ベトナムでも同じようなお祭りとして開催されているのですね
起源が同じものが場所場所に散らばってどう変化していくのか・・・
そういう見方をしても面白いかもe-274
しかし、この川を流れていく灯篭の姿を見ていると
さださんの『精霊流し』が頭を駆け巡り
なんだか悲し~い気分になってくる私
あ、涙で滲んだ姿もそれはそれでステキ・・・と解釈し
楽しみ方も2倍2倍~e-343
あぁ・・・そんなことを言っても、やっぱり切なさのほうが勝っちゃいます
もう見るのよそうと思っても、ついついくいいるようにまた見てしまう
やっぱりそれだけ魂がこもった行事だから・・・かしらん~e-330

2014/12/14(日) 22:44:18 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『がっぱあやさま』

精霊流しの歌詞では、出てくる人達の関係がよくわかりませんでした・・・・。子どもだったからかな?

ホイアンの満月のお祭りは、どういういわれなのか、実はあまり知らないのですが、観光客は西洋人が多いし、みんな遊びとしてやっているようで、悲しさはないですね。私たちも、灯篭を流すときは、感謝の気持ちを添えて、幸せを願いました。

2014/12/15(月) 21:30:48 | URL | [ 編集]

カッパーマン

『No title』

豪華なLEDイルミネーションもきれいですが、
ランタンや灯篭の灯り、これは幻想的で美しいですね。
るかちゃんの流した灯篭も、ほのかに光って流れて行ったのでしょうか。
日本だと下流で回収!となっているようですが、
どこか別の世界へふ~っと消えていく、なんて想像してみたいです。

2014/12/16(火) 12:37:24 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『カッパーマンさま』

雨が多い季節だから灯篭も回収する暇なく流れて行っているのかも・・・。
ベトナムはまだ雨季。天気予報ではヘビーレインとあったのですが、ほとんど降られませんでした。りんの念力の効果のようです。到着したときや朝は降っていたのですが、町歩きを始めると晴れてきました。ランタン祭りも、月は見えませんでしたが降ることもなくそぞろ歩きを楽しみました。

2014/12/17(水) 00:07:29 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://kapparismk.blog83.fc2.com/tb.php/733-0255249f
 |  HOME  |