ベトナムみやげ②

リスの絵がついた可愛い箱です。食べているのはコーヒーの実。このあと未消化で体外に排出され、これを洗って煎じて作ったのがリスコーヒーとなるわけです。ただし、絵からの連想されるものとは違って、このコーヒーはホントのフンから採ったリスコーヒーではなさそうです。なぜって、60,000ドン(360円ほど)って、とっても安いから・・・・。201412vc0.jpg
でも、フレーバーのせいもあるのでしょうが、箱の封を切ったとたん、本当にいい香りがしてきました。フィルター付のコーヒーの粉、砂糖が10セット入っていました。個別包装なので、お試しがてらバラで配ることも可能です。
201412vc1.jpg
裏返すと、フィルター部分がぼてっとしているのが洗練されていないけれど、
201412vc2.jpg
おもてには箱と同じようにリスの絵がついていて、ちょっとかわいいです。
201412vc3.jpg
ふたをめくってお湯を入れます。紙の角がちゃんとカップにかからないと、珈琲の粉とお湯の重さに負けてしまうので、要注意です。
201412vc4.jpg
お湯が落ちる速度がだんだん遅くなってじれったいけど、出来た~。お手軽でお安いリスコーヒーです。
201412vc5.jpg

2014/12/18(木) | 飲み物 | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

ishige

『栗鼠珈琲』

リスコーヒー、希少で高価だそうですが製造工程を
聞いてしまうと、ちょっと気が引けてしまうかな(^^;
日本ではあまり聞きませんが、「●●が食べて
排泄したモノで採れた食材」ってのは海外では
高級品だったりするんですよね.
...でもねぇ(ー_ー;

2014/12/19(金) 06:02:46 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『ishigeさま』

これは名前のみのリスコーヒーなので、ま、のめます。今回は本当のリスコーヒーも買ってきました。かっぱ♂の好物です。
其れにしても、落ちているコーヒーを誰がどのように発見し、どうして飲もうと思ったんでしょうかね~。勇気あるなあ。

2014/12/20(土) 21:37:49 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://kapparismk.blog83.fc2.com/tb.php/737-f7cfac14
 |  HOME  |