本棚って・・・

引っ越してから1年の間に本棚にするものを大小合わせ5つ買い足した。

ふたつは壁面収納といわれるもので、すべてが本のためというわけではない。奥行が40センチという浅い壁面収納の方は、棚の奥に本を並べると、前半分が余ってしまう。かといって前列にも本を入れると、後列のものが見えない。
201412b1.jpg
ほらね、無駄なスペースだよね。どうする?
いっぱい、しまいたいのにねえ。

ということで、こんどは本棚専用として2段収納を意識したものを購入。前後の棚をずらして設定すれば、奥の本のタイトルが上部だけは見えるので、本を探すのが楽だ。
201412b2.jpg
これは便利・・・と思ったのもつかのま。段のピッチはこまかく設定できるものの、過不足なくぴったり収納というわけにはいかない。難しいものだ。しかも、前後に本を配置すると、めちゃくちゃ重たいだろうということに気づいた。この本棚の一帯はどれほど床に負担がかかっているのだろう。結局、重さがかかりすぎるのをさけるため、ひとへやに本棚を集中させるのはあきらめた。

本が収納できたら、古いスライド式本棚を捨てようと思っていたのだが、これも結局残留。文庫本なら入るが、A5番は奥行きが微妙に入らず、しかも固定棚が多く、ピッチの調整がほとんどできないので、汎用性の点で劣るのだが、仕方なく、フィギュアなど入れてある。
201412b.jpg
この棚に合う、奥行がなく且つ縦長の本はあまりないよね・・・。折り畳み方式の地図がたまにあるくらいだ。

本棚にするだけなら20センチくらいの浅いものでよかったのだなあと思う。・・・ということで狭いスペースには奥行き20センチ程度の文庫本用本棚を一つ、更に引き扉のついた戸棚を一つ購入し、文庫本や新書の収納に当てている。奥行のない本棚は安定が悪いので、突っ張り方式のものにする。各部屋に文庫本などを分散させたけれども、取ってつけたような本棚との不統一感も相俟って、なんだかどこも片付かないで終わった気がする。

ああ、きちんと収納したかったのに。

2015/01/10(土) | 本の周辺 | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

女将

『わーーかーるぅー』

本の収納ってホントに悩みますね。
書斎というより書庫が欲しい今日この頃。
漫画や小説は量が問題なんですが、もう一つ困っているのが
写真や美術誌などのフルカラー書籍。
サイズは縦横バラバラ、分厚いし重たいしでも捨てられない(笑)。
きちんと収納したいんですけどね~(^_^;)

2015/01/11(日) 22:24:08 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『女将さま』

画集は形はバラバラ、オールカラーのいいものは重量がある、ホント迷惑ですよね。じゃ、買わなきゃいいじゃんということで最近は極力買いません。もし絵葉書があれば買ってくる、ということで絵葉書収納用のはがきホルダーも結構いっぱいです。過去の累積物を捨てることができないなら、まず新たに買わないことを習慣づけないと。
文庫本でさえも、どれも同じだろうと思っていたら、同じ出版社のでないと高さが合わないなんて!
作家やジャンルで分けようとしたこともありますが無理とわかりました。今は所有者別にし、私しか読まないものは私の物置部屋に。かっぱ♂の物&おたく系、共通の趣味のものは共有スペースに置いてあります。
図書館みたいな書架がバーッと並んでいるだけの部屋が作れればいいのですが、居住空間の中に入れ込むには、一戸建てでそれなりの設計をしないと、ちと無理ですね。

2015/01/12(月) 13:49:39 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://kapparismk.blog83.fc2.com/tb.php/745-f1f7221a
 |  HOME  |