カリーヴルストの有名店

ベルリン名物、カリーヴルストの有名店コノプケス・インビスにやってきました。名前の「インビス」は、屋台のような店のことを指すようです。
201505cwk.jpg

ガード下が歩けるようになっていますが、両側は車道。そんな中の島状態の場所にキオスクの様な店舗が立ち、テーブルが置いてあります。お店には、5-6人並んでいます。
201505cwk0.jpg
      お外で立ち食い、ワイルドだろー。(ふるいぞ、かいちゃん)


カリーヴルスト(手前)と、もう一つはボックヴルスト(向こう側)というものにしました。もちろん、なんだかわかった上で注文したのではありません。カリーヴルストのケチャップは少し甘口。お店によって味はちがうようです。
201505cwk4.jpg

窓口のレジで注文、支払を済ませたら、品物が出てくるの待ち、受け取ってテーブルに移動するのですが、思っていたより高い気がしてレシートを確認したところ、Pfundという何やら不明な2ユーロが2名分ついています。
201505cwk3.jpg

店に貼ってある値段表の字面からすると、どうやら、コーヒーカップ代が入っているようです。保証金という感じなのでしょうか。どうせ言われてもドイツ語は解らないのですが、それでも何らかの説明をしてほしいものです。
201505cwk2.jpg

返却窓口らしき所でお盆と器を返すと、おばさんが窓口を離れ、レジの方に移動したのですが、「ちょっとまっててね」なんていう言葉もなく、急ぐ様子もありません。やっぱり返金はないのかなあとふん切り時を考えていると、やっと4ユーロが返ってきました。

もしも、食器を戻してそのまま立ち去っていたら、お金は戻ってこなかったかもしれません。制度を知らない方が悪い、返金を主張しない方が悪い、・・・ということなのでしょう。4ユーロといえど貴重です。ああ、気づいてよかった!

2015/06/08(月) | | トラックバック(0) | コメント(8)

«  |  HOME  |  »

須藤京一。

『ぷふぁんど。』

ネットで調べてみたら、
『クリスマスマーケット』と言う話題の中で、
夫婦ともかっぱさんが言うように、
『カップの保証金』として2~3ユーロ払うと言う記事を見つけました。
店に返せばお金は戻ってくるようですが、
逆にカップを持って帰ってもいいようですね。
→その際にはお店に頼めば洗ったカップと替えてくれるとか。

うーん。。。
私は海外でもネットが使えないとだめです~。
多分一割は無駄にお金を使うことでしょう。(;^ω^A

さすが旅慣れている夫婦ともかっぱさん。
感の良さも旅の大きな必要条件ですね。
( ̄ω ̄)(ーωー)( ̄ω ̄)(ーω-)ゥィゥィ♪

2015/06/10(水) 01:27:02 | URL | [ 編集]

カッパーマン

『No title』

かいちゃん、お外でワイルドに立ち食い、
朝ごはんのは黒々と焦げ目がついてたけど、
今回のソーセージは、つるりんとしてますね。
謎の2ユーロ2人分、カップの保証金なんて、考えもつきませんでした。
1ユーロ140円としても、4ユーロはけっこうなお金ですもんね。

2015/06/10(水) 12:08:12 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『須藤京一さま』

なんか高い?と思っても、そのままにして泣き寝入りということが多いので今回は追及してみました。
あんなカップ、2ユーロでもってかえる人はいるんですかねー。有名店で、オリジナルのトレーナーや小物などを売っているようですが、カップは無地でどこにでもありそうなものでした。店名でも入っていれば、2ユーロで買ってきても記念になるかも。その際は洗ってもらえるのは嬉しいですね。
まあ、持ち帰りの有無はともかくとして、あちらでは制度としては一般的なんでしょう。スーパーで飲料を買っても、レシートの値段に(pfund0.25ユーロ込)と書かれていました。たぶんペットボトルを返したら返金されるんでしょうが、買ったスーパーにレシート付きでもっていくのか、どこのスーパーでもいいのかどうか等々わからないので、返金はすっぱりあきらめました。(0.25でも4本ためれば1ユーロ。この際、つきとめておくべきだったか・・・って、結局あきらめ悪いじゃん。)

2015/06/10(水) 23:46:41 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『カッパーマンさま』

4ユーロは大事です。物価も高いし、こんなところで、4ユーロもとられてたまるかという感じです。
第一、コーヒーも2ユーロですからね。それを言ったら、ソーセージよりも高いし・・・。恐るべし、保証金!

カリーブルストは、どのソーセージを使うものなのかわかりませんが、家で、フランクフルトを買って、カレー粉とケチャップをかけてたべてみました。それっぽかったです。これが名物だというのも、ずいぶん簡単だなあと思いました。

2015/06/11(木) 00:01:14 | URL | [ 編集]

hashsh

『No title』

カップの保証金なんて取るんですね~
容器とか包装とか、そういうものには無駄なお金を使わないという意識があるのでしょうか。
立ち食いなんてワイルドだね~かいちゃん。

2015/06/12(金) 17:54:13 | URL | [ 編集]

がっぱあや

『No title』

よくいえば、こちらはリサイクル意識が高いお国柄・・・と
言えたりするのでしょうか
小さい金額でもちりも積もればなんとやら~
なんだか買い物する度にモヤモヤがつもってしまうような!?
しかし、ドイツといえばビールにソーセージに・・・黒パン!
ソーセージの付け合わせにもピッタリにも思えるドイツパンですが
この旅行中、美味しいパンに巡り合われたりしたのでしょうか
立ち食いも板についてきた感じのかいちゃん
お口にケチャップつけずに上手に食べるの、難しかったでしょう
ん・・・お育ちの良い王子様のようなかいちゃんには朝飯前だったかしらん~

2015/06/13(土) 10:21:50 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『No title』

hashshさま
店の前で食べてるのに、カップの保証金とるってのも変な話ですよ。こんなカップ、だれももってかえらんってば。
紙コップだと使い捨てだけど、これなら洗うだけですから、エコ。ただ、返金されるにせよ保証金が高くないですか?観光客なら、知らずにかえっちゃう人も、いるかもしれません。もしや、それを雑益に計上しているのかな。

2015/06/13(土) 14:32:21 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『がっぱあやさま』

かいも、旅のしょっぱなからフードコートや立ち食いの体験しました。ここでも、最初は「道路でたべるの~?」と驚いていましたが、だんだん緊張も解けてきたようです。
今回はおもいっきりソーセージを!と思って出てきた割にはあんまりはかばかしい成果は上げられませんでした。ソーセージめぐりをするなら、ドイツ中を回らねばと思いました。パンもあんまり食べませんでしたね。かっぱ♂が、プレッツェルにトライしていましたが、塩がきつくて、あまりくちばしにあわなかったみたいです。

2015/06/13(土) 14:43:25 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://kapparismk.blog83.fc2.com/tb.php/761-cfa4fd29
 |  HOME  |