初めての普茶料理

普茶料理というものがあると知ってから何十年か経つが、一度も食したことがない。かつて赤坂にそんなお高い料理屋さんがあったはず。でも一度も行かないうちになくなってしまった。

京都なら、いくつかのお店で普茶料理が味わえるというので、ランチに行ってみた。

笋羹(しゅんかん) 煮合わせ
201508kg1.jpg

201508kg2.jpg
お皿にきれいに盛り付けしてある。

梅干し日の出あけ(・・・というらしい)
201508kg3.jpg
とろみのついた汁の中に梅干の天ぷらが・・・。

揚油(やんうー) 揚げ物
201508kg4.jpg
(まいうー)ではなく(やんうー)、字のとおり揚げ物。ランの花まで揚がっている。

201508kg5.jpg
は赤いものは見てわかる通り、紅しょう。天ぷらになってはいるが、味も、なんのひねりもなく紅しょうがだった。

雲片(うんぺん) くず引き
201508kg6.jpg
これに肉を入れたものが八宝菜で、八宝菜の元祖となった料理と言われているそうだが、野菜を葛で固めただけで、正直いって味にはさほど特長もありがたみもなかった。

麻腐(まふ) 胡麻豆腐
201508kg7.jpg
待ってました、胡麻豆腐!これに続き麩の酢みそ和え、野菜の胡麻和えも。この後、サッパリと・・・のはずだったが、出てきた一口そうめんを少しだと思って食べたら、おなかがいっぱいになってしまった。

栗もどき
201508kg8.jpg
精進料理では、肉や魚は使わないので、似せて「もどき」料理をつくるというが、栗は植物・・・。偽物でなくても、食べていいのでは?栗のいがは揚げたそうめんだった。

酸菜(さんつぁい) 酢の物
201508kg10.jpg
精進料理で、肉や魚は入っていないとはいえ、こんなに食べてしまうと、さっぱりしたものが嬉しい。

ウナギもどき
201508kg9.jpg
これはうなぎに似せたそうだ。うなぎの皮は海苔を使った。

ご飯、汁物、香の物の和食の〆の3点セットを頂き、いよいよデザート。

果菜(くおうさい) 水物
201508kg12.jpg
生身のスイカ、キウィ入りの寒天(羹とでもいうのかな)が、さっぱりしていておいしかった。

201508kg0.jpg
お庭が見える静かなお部屋でのランチは、暑さも喧騒も忘れ、ゆったりした気持ちになれた。お部屋には、抹茶ではなく煎茶用のお道具が並べられていて、これも初めて見た。人生も後半戦に入ったが、まだまだ知らないことが多いものだ。そして、まだまだ楽しいことがありそうだ。

2015/08/22(土) | | トラックバック(0) | コメント(5)

«  |  HOME  |  »

がっぱあや

『No title』

普茶料理という言葉を初めて目にいたしました
いやぁ、この世はまだまだ知らないことで溢れております
日本でいう精進料理の中華版といったところでしょうか
お肉もお魚もないコースなのに、とってもスペッシャル感にあふれて
場所柄も手伝ってか、非日常を味わっているかのように思えます
これぞ大人の遊び方といったところでしょうか
あぁ・・・私も見習わなければと思いますが
『あなたはまだまだ修行が足りませんので出直しを・・・』
な~んて門前払いくらっちゃうでしょう、きっとe-330

2015/08/23(日) 22:14:15 | URL | [ 編集]

ishige

『普茶料理』

こんにちは夫婦ともかっぱさん
普茶料理というと肉や魚などを食べることのできない
僧侶のために野菜や豆腐などで見立てた料理が
有名で、どちらかいうと中華料理に近いイメージが
ありましたけど、こちらは京都という土地柄なのか
かなり上品なメニューで、精錬された雰囲気が
とても伝わってきます(^-^

2015/08/24(月) 04:52:48 | URL | [ 編集]

ワンとも

『No title』

普茶料理というのは聞いたことありましたが、実際はこういうお料理なんですね。
卓袱料理っぽいのかなと思っていたんですけど精進料理なんですか。
どれもキレイで美味しそうですが、栗に似せた栗には驚きです。
すごく手間が掛かっていそう。

2015/08/24(月) 13:56:17 | URL | [ 編集]

カッパーマン

『No title』

普茶料理、お寺の特集番組か何かで見たような気がします。
どれも盛り付けが美しくて、見ているだけでも心が洗われそうです。
ぱこちゃんも感心して見ているのかな?
この中で、胡麻豆腐ならスーパーでも買えるでしょうか。
「栗もどき」にはビックリです!

2015/08/25(火) 20:17:42 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『No title』

がっぱあやさま
普茶料理はいつか食べたいと思っていたのですが、やっと願いがかないました。苦節んん十年。
個室だし、のんびりできて、いい時間でした。また似たようなところがあったら行ってみたいなあと思います。京都は普通にこういう場所があるのがいいですね。

ishigeさま
中華料理とか卓袱料理の元祖だそうで、大皿で供されるものらしいです。確かに最初のほうは大皿で、取り分けて食べるものでした。
そういえば卓袱料理も食べたことないですね。大皿でどーんとトンポウロウなんかが出てくるのかなあ。う~ん、今度は長崎に行きたくなりました。

ワンともさま
栗に似せる必要ってありますかねえ。植物は問題なしとしないと食べられるものがなくなります。
生き物をたべてはいけないのだったら、似せることもアウトなんじゃ?そもそも肉を食べることを思いえがくことも罪なのではないかと思うんですけど。
そういえば台北で精進料理のバイキングに行きましたが、現地のお坊さんたちが料理の前に列をなしてとりまくっていました。物欲・色欲はなくしても食欲は炸裂していました。欲とか煩悩とか滅却しないといけないんじゃないんでしょうか。

カッパーマンさま
まさに京都のお寺でいただきました。いくつか精進料理をだしてくれるお寺さんがあるようです。湯豆腐などもお寺でいただけますね。
ゴマ豆腐は、スーパーでも買えるけど、ちょっと高めなので、我が家ではごちそうの部類にはいります。甘いみそだれでも、わさび醤油でもおいしくいただけ、夏は特に食べたくなります。(そうだ、近日中に買っておいてもらおう!)

2015/08/27(木) 23:17:19 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://kapparismk.blog83.fc2.com/tb.php/774-a1efa427
 |  HOME  |