ドイツ土産⑤

ベルリンの旅の目的はペルガモン博物館でイシュタール門を見ることだった。

うっ、修復中か。ま、よくあることだ・・・・。この門に続く、同様の青の壁面には、ライオンの歩く姿が描かれてる。こちらは何メートルかにわたり見られたし、雰囲気も判ったので、結構満足した。
201505pmu0.jpg

ペルガモン博物館というからには、ペルガモン遺跡が目玉なのだが、どこを探してもペルガモンの「ゼウスの大祭壇」らしきものに行きつかない。出口で、ガイドブックの写真をみせて、これはどこ?と訊くと「クローズだ」という。博物館の半分くらいが、昨年から外観ごと修復中らしい。日本から、博物館のホームページにアクセスし、入館予約を取ったのだが、修復中の記事は出ていなかったと思うが・・・。修復が終わるのは5年位先のことらしい。調査不足を悔い、 せめて記念にと、イシュタール門とペルガモン神殿の絵はがきを購入。
201505pmu.jpg

それに、イシュタール門のモチーフを使ったメガネケース、マグネット、マウスパッドを購入。
201505pmu1.jpg

隣の新美術館は、エジプトコレクションが充実しており、ネフェルティティ王妃の像があることで有名。
201505mn.jpg
「この女の人、怖い」とい言って、かいはコインロッカーでお留守番。館内に大きなバックは持ち込めない。途中で暑くなって、上衣を脱いで手に持っていたら、それも入口に戻って預けてこいと言われ、むっとする。暑いけど我慢して着る。

ネフェルティティの像は、写真撮影は禁止だ。一つ手前の部屋も、一つ向こうの部屋も合わせて、撮影禁止となっており、ネフェルティティを撮らせない本気度は高い。ということで、またも、マウスパッドが増えることとなる。
201505nmu2.jpg

リアルなのはより怖いので、ポップなものも一つ購入。美術館・美術展で、一番邪魔にならず使えると思って買うものがマウスパッドとマグネットになっているため、我が家では、どちらもだぶつきみ。会社で使おう。
201505nmu1.jpg

今度は実用性重視で買った、エジプト文字が書ける定規。・・・って、これも実用性は高くないかも。
201505nmu3.jpg

図録はかさばって重いから、小さなカードが入ったベルリン新美術館メモという箱を買ってみたが、ホテルであけてみると、カードの裏に説明があるわけではなく、別紙にドイツ語のみの謎の説明があるだけ。カードの方には通番がないので、ばらけたらおしまいだ。しかもカードは2列に重なって入っているが、どちらも同じ写真である。同じカードが2枚ずつ入っているわけで、この物品の用途がますますわからなくなった。誰か、正しい使い方・楽しみ方を知っていたら、教えてほしい。
201505nmu4.jpg

2015/08/30(日) | | トラックバック(0) | コメント(5)

«  |  HOME  |  »

ishige

『美術館グッズ』

こんにちは、ishigeです
最近、美術館のグッズっていろんな種類があって思わず
買いたくなる衝動にかられますよね、真の実用性は問わず(^^
ネフェルティティ王妃のマウスパッドは王妃の顔の上を
マウスを滑らすのですか・・なんとも恐れ多い(ー∇ー♪苦笑

2015/08/31(月) 04:52:36 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『ishigeさま』

恐れ多いですかね・・・。いや、ゲルマニウムローラーと思っていただきましょう。エジプト王妃で一・二を争うほどの美人さんですから。
美術館グッズ。我慢してはいるのですが、ついつい悪い癖が出てしまいます。

2015/08/31(月) 23:07:51 | URL | [ 編集]

hashsh

『No title』

イシュタルとかネフェルティティとか聞いて、「王家の紋章」を思い起こしてしまいました。
絵葉書はペーパークラフトみたいになっているのでしょうか。
かいちゃんはロッカーでお留守番だったんだね。
係の人に目を付けられたら大変だから、仕方がなかったかもしれないね。

2015/09/03(木) 19:17:41 | URL | [ 編集]

カッパーマン

『No title』

かいちゃんが「怖い」と感じた彫刻の王妃様、
マウスパッドで色つきで見ると、かなりイメージが違いますね。
メイクで美しさが際立っています。
エジプト文字が書ける定規も面白いですね。
かっぱちゃんたちが「エジプト文字で名前書いて~」と、
次々に注文しちゃうかも。

2015/09/03(木) 22:34:31 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『No title』

hashshさま
王家の紋章、今はどうなってるんでしょうね~。作者も読者も生きているうちに、いい加減終わりにしてほしいんですが。
絵葉書はこの手のものでは粗っぽい作りで、折ることは考えてない感じ。立体的に書かれた平面をつなぐだけのようです。本当に細かい紙細工風になっていてそれなりの形になるものもあるのに、これはそのまま見て楽しむもののようです。

カッパーマンさま
ポップアートっぽくて、多色刷りのネフェルティティ様もステキでしょ?これならきっと、こわくないよねー、かいちゃん!
エジプト文字の定規、なににつかおうかなあとゆぅが考えています。

2015/09/04(金) 00:07:07 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://kapparismk.blog83.fc2.com/tb.php/775-c2e227aa
 |  HOME  |