幸せの黄色い唐辛子

おしゃれな人が企画してくれた女子会にのっかって、今、美食として注目されているペルー料理店に行ってきました。

20160122b1.jpg
前菜はヒラメのセビチェ。セビチェとは魚貝のマリネで、黄色い唐辛子「アヒ・アマリージョ」のソースが入っているのでピリ辛。オニオンスライスも味を引き締めてくれます。

20160122b2.jpg
カウサは、ジャガイモのペーストの間にアボカドやトマト、鶏肉がサンドされたおしゃれなポテトサラダ。使用しているジャガイモは、「インカの目覚め」。黄色いソースには、やはり黄色い唐辛子が入っています。

20160122b3.jpg
タコの薄切りを覆うようにかかっているのは紫オリーブのソース。このソースのまったりとした味が絶品でした。

20160122b4.jpg
肉料理の最初は牛ハツの串焼き。ハツ焼きだったら焼き鳥屋でも食べられますが、ここでは三色のソース付き。黄色いのはまた唐辛子のソースです。

20160122b5.jpg
スープの後は、メインのはじめはキアヌの煮込みに魚のたたきをのせたものが出てきました。

20160122b6.jpg
最後は、親鳥のブレスト、「アヒ・アマリージョ」黄色いとうがらし、クリームとペカンナッツの煮込みというもので、ご飯の塔(?)にかかっています。

デザートのアイスクリーム、ハーブティーをいただいて、何本かペルーワインを空け、女子会は円満に終了。ペルー料理のおいしさも堪能しました。

セビチェやカウサは、家でも試せそうなお料理です。オリーブのソースも作ってみたいし、クリームとペカンナッツ煮込みも・・・・・。いや、自作する前に何度か食べて、研究しなくては!昨今ペルー料理店は増えているようなので、機会があればいろいろ行ってみようと思います。

2016/01/24(日) | 外食日記 | トラックバック(0) | コメント(4)

«  |  HOME  |  »

hashsh

『No title』

ペルー料理には全く馴染みがないのですが、黄色い唐辛子が名産なのでしょうか。
知らなければ、まさか唐辛子が使われているとは分からないかもしれません。
ご飯の塔が何やらおいしそうです。

2016/01/27(水) 17:11:35 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『hashshさま』

やたらに黄色い唐辛子のソースがでてきます。ソースにしてあることと、色がほんわかしていることであまり辛そうに見えませんが、元はさぞかし辛ーいのでは・・・と思わせます。しばらく、はまりそうです。

2016/01/28(木) 22:51:32 | URL | [ 編集]

カッパーマン

『No title』

私もペルー料理は、まったく何も知らなかったのですが、
今、美食として注目され、お店も増えているんですね。
お料理に使われている食材、そして黄色い唐辛子、
なんだかヘルシーな感じがします。
どのお皿もビジュアルが美しく、女性の心をつかみそうですね。

そういえば!「インカの目覚め」だけは聞いたことがありました。

2016/01/30(土) 15:35:14 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『カッパーマンさま』

インカの目覚めという名前は知っていましたが、他のものとどんな違いがあるのかは知りません。マッシュ状にしてポテトサラダにするのがいいのでしょうか。何か混ぜたのかそのままなのか色はきれいな黄色でした。
ジャガイモんも種類によって煮崩れしにくいものなどはあるようですが、我が家は普通の市販品をこだわりなく、溶けてしまうほど煮込んで使っています。
お店は、ペルー料理の中ではおしゃれ度ナンバーワンのところだったようです。

2016/01/31(日) 12:12:32 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://kapparismk.blog83.fc2.com/tb.php/794-00f050ab
 |  HOME  |