マカオのポルトガル料理 - カルド・ヴェルデ

ポルトガル料理のレストランが多いマカオ。先日の旅では、ポルトガル料理店に3回訪問した。どこの店でも、カルド・ヴェルデというスープを注文したので、ちょっと比較を・・・。

最初の店は、ポルトガル料理の有名店とされているアントニオ。ポタージュのまったりした感じも、ポルトガルで食べたスタンダードな味。器もポルトガルの素朴な味わいの焼きものだ。ここだけはポルトガル語を話す店員がいた。
cv0.jpg

これはソルマーというお店のもの。見た目も少し違い、さらっとしている。キャベツの大きさも千切りよりも大きい。お店の雰囲気や接客は庶民的だが、そこそこの値段がする。
cv1.jpg

最後のお店は、佛笑楼という老舗で、建物の中は南欧風だ。器も見かけも洋風のクリームスープのようにもみえるが、ポルトガルの味。
cv2.jpg

カルド・ヴェルデはよく、千切りキャベツのスープと訳されるが、キャベツにしては葉が濃い緑色。実際はキャベツではなくケールを使うらしい。また、チョリソーという辛いソーセージを一緒に煮込み塩分をとることがお約束なので、どの店のスープにもチョリソーの片が入っていた。

2016/05/05(木) | | トラックバック(0) | コメント(4)

«  |  HOME  |  »

がっぱあや

『No title』

これはわが国でいうところ、『味噌汁』というものと同じような料理でしょうか
基本、使う材料は同じでも、各店店でこのように違いが出てくるとは
否が応にも食べ比べ心に火が点いちゃいますねe-269
私にとってケールといえば、青汁の原料というのが一番に浮かびますが
そのスープだなんていったら、身体にも優しく効いてくれそうで
飲み干したら、なにかいいことがありそうな予感e-417
いやぁ、食での世界紀行って・・・いいですねぇ、楽しいですねぇe-399

2016/05/09(月) 21:12:56 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『がっぱあやさま』

ケールもどこかのスーパーにあったと思うのですが、いざとなると見つからない。一度子のスープを作ろうと思っているんだけど・・・。
食の世界も最近広がらないんです。たびは当分出られないので、東京で食べる世界の食巡りを再開しようかな。

2016/05/15(日) 19:47:17 | URL | [ 編集]

hashsh

『No title』

料理名を知らなければ、どれも違う料理だと思ってしまいそうです。
がっぱやさんと同様、我が家もケールと言うと青汁を思い出してしまいます。

2016/05/18(水) 17:54:56 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『hashshさま』

ケール見つからないのでスープに青汁入れちゃおうか???健康には絶対よさそうです。

2016/05/21(土) 20:23:42 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://kapparismk.blog83.fc2.com/tb.php/806-6dc5baec
 |  HOME  |