マカオ 中華ブランマンジェなるものに並ぶ

2016年3月のこと。

マカオの聖ポール大聖堂跡から下ったあたりにある明記食品商店。ガイドブックには、中華ブランマンジェのお店と書いてある。行列ができているが、せっかくだから並んでみるか・・・・。
201603mcs0.jpg
いかにもホームメイドで、おじいさんが器で固めたブランマンジェを逆さにして外し、プラ製の入れ物に移して、客に手渡し。おばあさんは代金を受け取る。店頭に貼ってある日本の雑誌の記事で値段を確認したところ一つ2パタカとある。3つで10パタカで済むと思ったら、雑誌が古かったらしく、おばあさんがこれじゃ足りないという。20パタカ出したら5パタカのおつりが返ってきた。ひとつ5パタカに値上げされたようだ。

201603mcs.jpg
お店の人はたぶん中国語しか話さないので、豆、チョコレート、ココナッツの3種類のブランマンジェが写った写真を見て、指さして注文。3種類かったら、両手がふさがってしまう。別途タッパーでも持っていかないと、持ち帰りは難しい。

201603mcs1.jpg
ここちゃん、いま食べちゃおうね。ツルンとしておいしいよ。

2016/06/05(日) | | トラックバック(0) | コメント(6)

«  |  HOME  |  »

ishige

『ぶらんまんじぇ』

こんにちは夫婦ともカッパさん
「ブランマンジェ」というともっとオシャレなカフェみたいな
ところでゆっくり食べるものかと思ったのですが(^^;
路上で食べるスタイルとは・・日本でお団子や
温泉饅頭を売っているお店でその場で
買い食いするみたいなものなのでしょうかね

2016/06/07(火) 05:08:47 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『No title』

ishigeさま
ホテルに持って帰って食べようと思ったのですが、もち運びは不適。その場でいただきました。冷たくて、のどごしもよく、おいしかったです。
マカオってこんなお店が結構あるんで、気楽なB級グルメ旅ができます。タダで土産物屋を試食して歩いてもいいし・・・。

2016/06/07(火) 18:05:13 | URL | [ 編集]

がっぱあや

『No title』

本当だ、すごい行列ですが・・・これはガイドブックを見た観光客の列?
それとも、地元の方々の列だったりするのでしょうか?
でも、このサイズの美味しいものだったら、お腹のキャパをあまり気にせずに
あれこれ挑戦出来るのでいいですね!
だって、現地でしか味わえないものを楽しむ・・・
それが旅の醍醐味ですものe-146
ここちゃんの美肌に負けないくらいツルリンとしたブランマンジェ
私はココナッツ味をひとつ、頂戴しとうございますe-399

2016/06/07(火) 21:43:18 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『がっぱあやさま』

昼すぎから開くお店です。いつの間にか列ができちゃうんですよ。
観光客もいますが、地元のおばちゃんが並んで一個だけ立ち食いして去っていくなんていうのもありました。さっぱりしておいしかったです。

2016/06/09(木) 22:46:38 | URL | [ 編集]

ワンとも

『No title』

この辺、通ったはずなのに全然覚えてない~。
ホント、マカオの記憶が薄くてもう一回行かないといけない気分になります。

中華ブランマンジェというよりなんだか"ういろう"に見えてしまいますが、
"ういろう"よりはやっぱりブランマンジェですか?

通貨はパタカのままなんですね。

2016/06/24(金) 21:09:21 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『ワンともさま』

マカオはディープなので、こんなお店が古い地区には何軒も潜んでいます。昔ながらの店の一方で妙にきれいなところもできています。
他に行くところがなかったら、また行こうかなと思いますが、観光的に見るものはあんまりないのがネック(それじゃだめじゃん)。
ブランマンジェとはいっても、チョコはブラン=白い、じゃないし、生クリーム、ゼラチンではなく寒天かアガーを使用しているし、中華風とつくことでかなり違っちゃうんだなと思いました。

2016/07/01(金) 09:39:24 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://kapparismk.blog83.fc2.com/tb.php/807-679953d8
 |  HOME  |