カンボジアのお土産といえば・・・

カンボジアにアンコールワットを見に行った時のお土産。

2017c4.jpg
定番のお土産といえば、マダムサチコというお店のアンコールクッキーだ。

2017c5.jpg
でも、お土産に向かないなあと思う点は、高確率で割れちゃうこと。どんなに気を付けても、この形は、遠方から無傷で持って来るのは難しい。それでも味はいいから、自分用に買ってきた。

201703c2.jpg
もう一つ、ガイドブックに載っている有名なお土産はカンボジア・ティータイムというお店の「ノム・トム・ムーン」。カンボジアの伝統的なお菓子で、ココナッツミルクでのばした生地をクレープのように薄焼きにして巻いてゆく。店先では、女性がお菓子作りを実演しており、その姿をシルエットにしたものはこのお店の箱のデザインにもなっている。お店の人に「やってみる?」といわれたがうまく巻く自身もないのでやめておく。中は空洞だが、多層になっていてサクサク。

2017c1.jpg
同じ店で、もう一つの伝統的なお菓子という「ノム・クイティウ」も買ってみた。「おこし」みたいなものだ。日本だと米や穀物で作るが、カンボジアでは米で一旦麺を作り、できた麺を細かくして作るらしい。

2017c3.jpg
お菓子同様、お土産用にきれいなパッケージに入った、世界一おいしいといわれているカンボジアのコショウを買ってきた。胡椒の味の違いは私にはわからないと思うが、なにしろ香りがとてもいいということだ。

2017c0.jpg
二つのお店はどちらも日本人経営だというので、日本人にとっては品質や衛生面では安心できる。お土産なら信用のある店で買いたいので一応利用したが、自分用に、スーパーで似たようなお菓子を買ってみた。価格はカンボジアティータイムの約3分の1。サクサクのもろさはなく、ちょっと荒い感じがしたが、外側がフレーバーのチョコレートなどでコーティングされているためかもしれない。うっかりドリアン風味を買ってしまい、やや臭った。

2017/05/28(日) | | トラックバック(0) | コメント(4)

«  |  HOME  |  »

hashsh

『No title』

ノム・トム・ムーンというお菓子は、ルマンドみたいな感じなのかなあとおもいました。
世界一おいしい胡椒に興味があります。どんな料理もこれをかければおいしくなりそうですね~
ドリアンって食べたことはないのですが、以前スーパーで売っていたので顔を近付けてにおいを嗅いでみたら、生ゴミのにおいがほんのりしました。

2017/05/30(火) 20:39:37 | URL | [ 編集]

がっぱあや

『No title』

たしかにこのクッキー、持ち運びに神経を使う形ですが
ある意味そこに・・・運だめし的な要素が含まれていたりして!?
そしてお菓子の『箱』にもこだわるひとにも好評そうな
編み編みの入れ物に入ったお土産たち
色もきれいだし、コンパクトだし、こうワサ~ッと買って
仕事場などのお配り用のお土産にもよさそうですね

カンボジアの胡椒が有名とは初耳、いやぁ、勉強になります
お料理にも結構な量の胡椒が使われていたりするのでしょうか

そして極めつけはドリアン風味のお菓子e-343
あ、この匂いを胡椒でけちらかす・・・というのはいかがでしょうね
ちなみに20数年前のタイ訪問時、どこぞでカットドリアンを買って車に入れていたら
車内が『これどっかからガス漏れしとうっちゃない?』という事態を招くこととなりました
ハッキリ言ってその時の味は覚えておりませんが、十分に年齢を重ねた今
もしかしたら・・・好みの味になっていたりしてe-274

2017/05/31(水) 21:59:52 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『hashshさま』

ノム・トム・ムーンはブルボンのルマンド、本高砂屋のエコルセにも似ているかなあ。ほんのりココナッツミルクの味で、甘すぎず、おいしかったです。
スーパーで買ってきた方も、そこそこおいしいし、個人配布用にも適しています。でも、ほんのり・・・であろうと、生ごみの匂いはねえ。

2017/06/01(木) 21:39:07 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『がっぱあやさま』

アンコールクッキーはおいしいけど、塔の部分がすぐ折れちゃう。普通の四角にしておいて、焼きごてでアンコールワットの輪郭を付けるくらいではダメなのかなあと思いました。
胡椒は入れ物の中にはいって1個2ドルでした。これも配布用に便利ですが、開けてみると胡椒の量は少ないです。でも世界一の味って楽しみです。でも、意識して胡椒の食べ比べなどしたことはないので、私には味なんて分からないと思います。

2017/06/01(木) 21:54:30 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://kapparismk.blog83.fc2.com/tb.php/861-f628c3fb
 |  HOME  |