ユトレヒト

ユトレヒトは、ミッフィーの作者ブルーナ氏が仕事をしていたところです。この地でミッフィーちゃん巡りのショートトリップに出たのですが・・・・。
201706ut.jpg

駅ちかの交差点の信号機はミッフィーが。横断歩道もここだけ虹色です。
201706ut0.jpg

渡っちゃだめよ!
201706ut3.jpg

はい、渡ってね。
201706ut01.jpg


信号を見た後は、ナインチェ(うさちゃん)広場まで歩いて行きました。ミッフィーの作者の息子さんが作ったということなのですが、静かな町はずれの広場に、板状のミッフィーがひっそりたたずんでいました。
201706ut4.jpg

他にも町中にはナインチェ(ミッフィー)が沢山いるのかと思いましたが、見つかりませんでした。どこにあるのかマップがあるわけでもないので訪ねられませんでしたが、一体だけ偶然発見。・・・・・。
201706ut6.jpg
できれば、もっとかわいい子にあいたかった。

2017/07/05(水) | | トラックバック(0) | コメント(6)

«  |  HOME  |  »

カッパーマン

『No title』

KLMオランダ航空の客室乗務員ぽーらちゃん、
故郷をゆっくり観光出来る日が来るなんて、
うれしかったことでしょう。
うさこちゃんの信号と虹色の横断歩道、
こんな素敵なものがあるなんて、いいな~。
これがもし日本にあったらSNS用の写真を撮る人が殺到しそうです。
街中にあるという像のひとつ、このおっさんペイントは、ちょっと…。
でもこれをよく見ると、ずっと口だと思っていたあのバッテンは、
もしかして鼻だったのか!?と気づかされました。

2017/07/06(木) 08:19:17 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『カッパーマンさま』

たぶんSNSが集中すると思いますよ。ユトレヒトでは地元の人は立ち止まりもしませんが、私は赤信号も緑も両方と撮ろう、しばし横断中も一時停止しました。

2017/07/06(木) 20:37:51 | URL | [ 編集]

がっぱあや

『No title』

リュックからちょこんとお顔を出して故郷を散策中のぽーらちゃん
その姿が街の風景にすっかり溶け込んでいるように見えるのは
やはりそこが故郷ならではのことなのでしょうね
あぁあぁ、私もこんなんして散策しとうございます

しかし、ユトレヒト・・・これはある意味、危険がいっぱいの街です
こんなミッフィー仕様の信号では赤でも青でも渡れませんがな!
カワイイ子ちゃんに出会うたびに、家族が増えていきますがな!!
帰りの飛行機では大所帯になっていること、間違いナ~シ、ですねe-274
しかし、あのおっさんミッフィーの姿は衝撃的です
一体だけ出会ったコがあのおっさんとは・・・
う~ん、ここはひとつ、ズッコケておきましょう~~~

2017/07/06(木) 23:24:51 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『がっぱあやさま』

ミッフィー生誕の地を旅先に加えたということ自体、危険がいっぱい。グッズの購入も控え、食べてなくなるクッキーでごまかしたのですが・・・・。
町でみかけたおっさんは、ミッフィー生誕60年のイベント時に作られた何体かのオブジェの一つのようです。(あれらが行進していたらしい)ふつうにかわいいミッフィーじゃいけなかったのだろうか。

2017/07/08(土) 07:32:36 | URL | [ 編集]

ワンとも

『No title』

ワンとももミッフィー大好きです❤
ローソンのミッフィー・キャンペーンがあるとついついシールを集めがち(笑)。
以前、オランダに行った時はアムスのオフィシャル・ショップでお買い物しましたが、こうしてかっぱさんのブログを拝見すると
やっぱりユトレヒトにも行ってみたかったなぁと思います。
リュックのミッフィーちゃんは自前ですか?現地でお迎えしたんですか?

2017/07/08(土) 11:18:27 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『ワンともさま』

私もシール集めてミッフィーのお皿をもらいましたが、使ったことがありません。
ゲーセンでいろいろ取ってくる主人に、処分するように言い渡しつつ、一兎(?)いたミッフィーだけは家に残してもらいました。それが今回リュックに入っていった子です。KLMで連れてきたCAの子も連れていきましたが、町のそこここで売られているミッフィーには参りました。どんなに見ないふりしても、我慢しても、最後には根負けしてしまいました。結局、じっとこっちを見ていた青白の洋服を着た小さい子を一人、新たに連れて帰ることになりました。

2017/07/08(土) 18:23:50 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://kapparismk.blog83.fc2.com/tb.php/865-50a9d2ba
 |  HOME  |