懐かしい味、八竹のお寿司

母の友人宅を訪問。都心の一軒家で80歳過ぎのご婦人の一人暮らしだ。
母も好きだった八竹という店の大阪寿司を買っておいてくれるというので、食事を作るご負担をかけなくて済むかとおもって、お昼に伺うことにした。ところが、お寿司はなかなか出てこず、まずはお茶、それにスープなどが・・・・。

    201707s.jpg
さりげないのにお洒落なテーブルセッティングが、おもてなししていただいていると感じる心地よさ。サラダのキュウリやニンジンが細く切られて少しもんである。中高に盛られ、見栄えがする。もう一人呼ばれた母の友人がお土産にもってこられた焼売なども出してくれたので、おなかはけっこういっぱい。

201707s3.jpg

さて、いよいよ、お寿司の登場。八竹は、昔は原宿にも店があったのだが、いつのころからか四谷の本店しかなくなってしまった。用意してくれた人は近所なので時々たべられるが、私ともう一人の母の友人はめったに食べられないごちそうだ。

201707s4.jpg

茶巾寿司が大きくて贅沢に具が入っているので、小食の人なら一つでも満足できる。二人ともすでに、他のものを食べているので、穴子とキュウリの巻き寿司は食べきれず、持ち帰らせてもらった。

母がなくなってそろそろ6年。母の友人たちとは生前はたまに会うこともあったが、今は父のところにくる年賀状に代理で返事をする程度のお付き合いしかない。いつか一度お会いしたいものだと思っていたので、願いがかなってうれしかった。私もいい歳ではあるが、母の友人にとってはまだ子供のようなもの。お言葉に甘えて、食べて、おしゃべりして、すっかり長居をしてしまった。

2017/08/06(日) | 食べ物 | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

カッパーマン

『No title』

立派なスープの器、きれいに盛られたサラダ、
お花も飾られた、あたたかいこの食卓、
姿は見えなくても、お母様もきっと、このひと時を、
お友達と一緒に囲んでおられたのでは、と思いました。
茶巾寿司、これはかなりボリュームがありますね。
中味ってどうなっているのでしょうか。
お持ち帰りとなった穴子とキュウリの巻きずしは、
かっぱちゃんたちも喜んで食べたかな?

2017/08/13(日) 15:43:37 | URL | [ 編集]

夫婦ともかっぱ

『カッパーマンさま』

家に招いておもてなししてくれるつもりだったのに、その時が来る前に母がなくなってしまったので、心残りだった様です。その分も、私によくしてくれました。
母の友達2人と妙な取り合わせですが、母たちの学生時代の話などが出てきて、楽しかったです。
キュウリは以前食べたよりちょっと塩気が感じられました。夏のせいかな?お持ち帰りは子供たちにも喜ばれました。茶巾はね、シャキシャキのレンコンや穴子、かんぴょう、椎茸などいろいろ入っていておいしいの!今度は茶巾も子供たちに食べさせたいな。食いしん坊の黄色好きのてんが、きっと喜ぶだろうな。

2017/08/14(月) 22:42:38 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://kapparismk.blog83.fc2.com/tb.php/870-58483a5b
 |  HOME  |