バレンタインデーの準備

今年もバレンタインデ―前のデパートへ出かけました。

201702ch3.jpg
わ、ケーキみたい。

201702ch2.jpg
懐かしいハイクラウンが種類も増やし、スマートなパッケージに。

201702ch1.jpg
宝石に見立ててゴージャスな感じです。

201702ch.jpg
かっぱ♂はチョコレートが大好きなので、ソフトクリームにも目がいき・・・食べました。

2017/02/12(日) | お菓子 | トラックバック(0) | コメント(4)

冷凍のタルト

最近、「業務スーパー」というスーパーマーケットにはまり、デザートにもトライしている。1リットルの牛乳パック状のものに入ったコーヒーゼリーやオレンジゼリーを試したあと、ずっと買ってみたかった冷凍のホールのタルトに手を出した。
201702t.jpg
フランスから直輸入って、本当かな?
201701t1.jpg
自然解凍なので、失敗なくてよし。
201701t2.jpg
平らに保存したつもりだったが、ベリーが偏ってしまい一部はげている。
201701t3.jpg
一応、上にのっていたミックスベリーを平均させてから切ってみた。ベリーは本格的な酸っぱさだけど、おいしかった。

2017/02/10(金) | お菓子 | トラックバック(0) | コメント(4)

お茶碗の拝見を

松江のお菓子屋さんがデパートに来ていました。
きれいだなあと見ていたら試食をさせてくれたので、買ってきました。
201701s1.jpg

淡雪かんのような空気を含んだ食感です。
201701s2.jpg

せっかくなのでお茶を点ててみました。
201701s3.jpg

お茶碗が一つ見つからず、いい形のものがあったので代用しました。
201701s4.jpg

実は、こけしの顔が付いています。もとは駅弁が入っていた器です。ここはひとつ、見なかったことにしましょう。
201701s5.jpg

2017/01/09(月) | お菓子 | トラックバック(0) | コメント(4)

アドベント

クリスマスを指折り数えて待つのはだあれ?

すっかりキリスト教の行事のおいしいとこどりが定着している日本。
201612pc.jpg
我が家もまさに「おいしいとこどり」。先日、ドイツ菓子のシュト―レンを買ってきました。
201612pc1.jpg
クリスマスまで、うすーく切って食べる硬ーいパウンドケーキのようなお菓子です。

201612pc2.jpg
こちらは頂き物のパネットーネ。イタリアのクリスマスのお菓子です。最近はデパートやイタリア料理店で、イタリア直輸入ものを売っています。
201612pc3.jpg
             わーい おっきいパン!

巨大ブリオッシュに洋酒漬けのフルーツがたくさん入っています。
201612pc5.jpg
これも、クリスマスまでの間、少しずつ食べるのですが、お菓子は順調になくなっていて、クリスマスまでもたないかもしれません。

2016/12/18(日) | お菓子 | トラックバック(0) | コメント(5)

ノワ・ド・ブールのフィナンシェ

知り合いにもらったフィナンシェがすごくおいしかった。
201611f.jpg

「一個は必ず今日中に食べてくださいね」って言われたが、夕食を共にしデザートまで食べているので、どうしたものか。家についたのは11時近かったが、一口だけでも食べようと半分に切ってみた。
201611f1.jpg

周りはよく焼けて硬めになっている。かみしめるとじゅわっとバターがしみ出る。なるほど、これが推奨の初日の味なんだ。日が経つと、味が変わるらしい。賞味期限は3日となっている。外側はだんだん乾いてゆくのだろうが、中はしっとり目で、翌日もおいしく、翌々日もおいしくいただいた。

2016/11/26(土) | お菓子 | トラックバック(0) | コメント(5)

ほうじ茶のお菓子

宇治の町中数か所で、3色の茶団子が、一本単位(130円)で買ってその場で食べられるようになっていました。前回は、5本で1箱になっているものをお土産に買って帰りましたが、町歩きのさなかに、味見がてら食べられるばら売りのシステムはいいなあと思います。私たちは宇治川を渡って散歩中に売店のスタンドを発見。店の後ろに椅子があるのでよかったら腰かけて・・・とのことだったので行ってみると、赤い毛氈に傘までついた席があり、いい雰囲気でした。

201610mmh.jpg
宇治川のほとりで川の流れを眺めながら、お団子をぱくり。煎茶・抹茶・ほうじ茶の順でたべるのですが、ほうじ茶の香りがよく、気に入っています。ほうじ茶のおいしさを再発見し、今回は抹茶だけでなくほうじ茶の菓子に食らいつくことになりました。

201610ujc5.jpg
福寿園のカフェでは、抹茶わらびもちを食べました。

201610mmhl.jpg
ほうじ茶ラテのセットは「薫君」、今回は頼みませんでしたが、メニューで見たところ、抹茶ラテのセットは「匂宮」という名前になっていました。さすが宇治ですね。でも、何を決めてにして、それぞれ二人の貴公子の名前にしたのでしょう。抹茶の苦みや甘味、ほうじ茶の香ばしさでしょうか。

201610mmt.jpg
自宅土産にも抹茶プラスほうじ茶のものを買ってきました。

201610mm7.jpg
辻利の定番の抹茶ラスク。

201610mm5.jpg
ほうじ茶ラスク。これも、以前食べたときにおいしいと思ったので・・・。

201610mm6.jpg
両方とも、裏にはコーティングはないです。

201610mm1.jpg
もう一つは、鼓月の千寿せんべい。和菓子屋さんの洋風菓子として、よくご進物にしていたのですが、自分も好きなのでバラで購入しようと土産物店を見ていたら、なんと中のクリームが抹茶とほうじ茶のニュー・バージョンが増えていました。

201610mm.jpg
サイズもミニで、個別包装になっています。配るお土産に最適ですが、全部自宅で食べました。

201611nt1.jpg
さて、最後は、現地では行列で入れなかった食べられなかった中村藤吉のゼリイ。京都駅の土産物店では抹茶の生茶ゼリイを売っていたので新幹線の中で食べてきましたが、どうしてもほうじ茶ゼリイも食べてみたくなり、自宅に取り寄せちゃいました。

201611nt2.jpg
ほうじ茶は予想にたがわず、とてもさっぱりしていました。

201611nt3.jpg
秋のバージョンは栗の餡が入っていました。抹茶のゼリイは苦味があります。この苦みが好きなので、ゼリイに関しては、ほうじ茶より抹茶がいいかなあ。

秋の夜長。お茶で、また目が冴えてしまいそう。

2016/11/20(日) | お菓子 | トラックバック(0) | コメント(4)

«  |  HOME  |  »